2018.01.20 Saturday

 

 

子供が初めて字を書いた時って嬉しいものですね。

 

 

 

何も見ずに自分の名前が書けました!

 

 

 

拍手!

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ドラえもんの目線もいただきました 笑

 

 

 

名前と一緒に書いてあるのはこの回のドラえもん「台風のふうこちゃん」ですね。

 

 

 

部屋で台風の子を育てるという壮大なスケールのお話でした。

 

 

 

この話のエンディングは関東に強力台風が接近、みんなを守るためにふうこちゃんは窓から飛び出して台風に立ち向かい、自らは消滅、でも空は晴れていく、というドラえもんでたまにある良いお話でした。

 

 

 

翌日また自分の名前を書いてました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

さっそく間違ってるじゃないですか!笑

 

 

 

まあいい、まあいい。

 

 

 

自分で名前を書こうとした意欲はとても大きな一歩でございました。

 

 

 

以上が前置きでした 笑

 

 

 

 

 

 

 

破壊的な10tダンプからの続きです。

 

 

 

大きな砂場ができて喜んでいる風景です 笑

 

 

 

 

20170630_1329531.jpg

20170630_1329532.jpg

20170630_1329533.jpg

20170630_1329534.jpg

 

 

 

 

君は自由だな!

 

 

 

梅雨明け間近のこの時期は「緑化」するのに急いでいました。

 

 

 

なぜかというと芝も植樹も梅雨明け後の真夏に入ってしまうと、気温や日差しなどが過酷な条件となって植え付けには適さない時期となってしまうのです。

 

 

 

夏が終わってからの植え付けだと「秋植え」ということになって芝生の場合、こんどは冬眠期が近くなってしまい十分な育成期間が取れません。

 

 

 

なので梅雨明け前になんとかして整地を終わらせて芝生の種まき、それと植樹を終わらせようと必死になっていました。

 

 

 

 

 

20170723_1354849.jpg

 

整地の合間に植木の買い付けへ。

 

 

 

積めるだけ積んでけ 笑

 

 

 

 

 

20170723_1354850.jpg

 

そのまま幼稚園のお迎えに 笑

 

 

 

家の方は基礎工事が終わって大工さんが来るようになりました。

 

 

 

大工さんの仕事は早い!

 

 

 

隣で整地をしている間にどんどんと組み立てていきます。

 

 

 

隣で作業していて良かったのは家が出来ていく様子を逐一見られたことです。

 

 

 

大工さんは二人で作業していました。

 

 

 

二人で組み上がるんだと思って驚きました。

 

 

 

四方の壁を起こすのは、二人でどうやるんだろう・・と思っていたらジャッキアップしてあっさりと組み立てていきました。

 

 

 

素人目には「神業」でした。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

その頃、こちらは自主制作した巨大とんぼで整地も終わり、一面に芝生の種を蒔きました。(線は種まき後の水やりで歩く線。)

 

 

 

芝生を種からにすると、下地の調整や雨、風に注意しなければいけないことや、生えるまで時間がかかることなど育成が大変なのですが、やはりここでも広さがある関係でマット状の切売りではとんでもない金額になってしまうことがわかり、リスクはありましたが種から育てることになりました。

 

 

 

高麗芝と同じように冬枯れする西洋芝、「バミューダグラス」という種類で、その中でも葉がやわらかくて緑の鮮やかな「リビエラ」という芝にしました。

 

 

 

名前がいいですよね、「リビエラ」

 

 

 

「男ってやつは・・」ですね。

 

 

 

「港を出て行く船のようだね・・」

 

 

 

良い曲だと思って今ちょっと調べたら作詞松本隆、作曲大瀧詠一ということでした。

 

 

 

「幸せな結末」の大瀧詠一でしたか!!

 

 

 

「幸せな結末」と言えば「ラブジェネレーション」じゃないですか!!

 

 

 

ラブジェネレーションて「うさぎぴょん尻尾ぴょん」のほうでしたっけ?

 

 

 

「ロンバケ」といつもわからなくなりますね 笑

 

 

 

この話になるとキリがないのでこの辺で 笑

 

 

 

1kg10,000円のリビエラの種を10袋買いましてけっこうお高くつきましたが、それでも切売りの1/3くらいにはコストカットできたと思います。

 

 

 

 

種を蒔き終わったこの時点で、本当に一面緑の芝生になるのか若干疑問でしたし不安でした。

 

 

 

なんとか梅雨明け前に発芽してほしいというかんじで今度は毎日水やりに通いました。

 

 

 

リビエラの種はちょっとの風で飛んで行ってしまいそうな小麦粉のような?サラサラとした粉なのような種で、水やりの水圧でも飛んでしまいそうなのでかなり気を使いました。

 

 

 

しかしながら次から次へとやることが出来ていきます 笑

 

 

 

そうこうしてるうちに家の方は2Fまで立ち上がってきました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

徐々にかたちが・・。

 

 

 

かたちが出来てくるとすぐにネットに囲われてしまいました。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

この後、完工直前までこのネットに覆われてしまったので進捗状況が良く見えなくなりました 笑

 

 

 

 

しかしネットが外れた時には逆に感激でした。

 

 

 

 

気になるリビエラの方ですが種まきから2週間くらい、毎日水やりをしていましたがなかなか芽が出ずにYahooで「芝生 芽が出ない」などを検索するようになっていました。

 

 

 

「このまま出ない可能性もあり」「乾燥により」「発芽率低下」「目土の覆いすぎ又は少なすぎ」みたいな記事を読んだりして悲しくなりつつありました。

 

 

 

3週間くらいしたある日、また落ち込みながら水やりに向かうとそこで目にした風景は・・。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

コケのようなのが生えているではありませんか!!

 

 

 

ブワッとコケのようなものが!!笑

 

 

 

 

鮮やかな緑色でリビエラが発芽しました!!

 

 

 

 

拍手!!

 

 

 

 

 

20170723_1354852.jpg

 

ちゃんと種を蒔いた日付順に左から芽が出て!!

 

 

 

嬉しかったです><

 

 

 

土の色が白だったり茶だったり黒だったりするのは芽が出ない間に「黒土」が良いと聞けば「黒土」を、肥料入りの目土が良いと聞けば「目土」を、と試行錯誤していたからです。

 

 

 

 

 

ついに!!

 

 

 

リビエラ、ありがとう!!笑

 

 

 

 

20170723_1354851.jpg

 

愛しのリビエラがちょっとずつモコってきました 笑

 

 

 

昨年7月初めの出来事でした。

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2018.01.12 Friday

 

 

白菜のお漬け物って美味しいですよね!

 

 

 

厚くて固い部分のちょっと苦味の効いたところも好きですが、一番好きなのは薄い部分ですね。

 

 

 

ちょっとお醤油をつけてほかほかご飯に海苔のように巻いて食べるのがかなり好きなんですよ。

 

 

 

好きなことをうっかり2、3年くらい忘れてたりするのですが(笑)、これが出てくると「お〜これこれ、これだよ!」と思い出すかんじで好きなんですよね 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

あ〜、薄い部分・・、美味しそう 笑

 

 

 

巻きたい 笑

 

 

 

以上、前置きでした 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、頻繁に登場するようになったMY原付、樹里央ですが横浜を出る時に廃車手続き・・、するわけありません!

 

 

 

ちゃんと「サカイ」のトラックに乗せてもらって陸送されてきました 笑

 

 

 

丸太と記念撮影 笑

 

 

 

 

20170626_1325202.jpg

 

前回「丸太の皮むきもしました」と軽く書きましたがそれだけで2週間くらい毎日やってましたね 笑

 

 

 

だんだん開拓っぽくなってまいりました!笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

朝から晩まで丸太にまたがっていると北の国からの五郎さんのような気がしてきました。

 

 

 

 

 

敷地ですが、夏場はムネサイズの雑草で生い茂ってました。

 

 

 

なので何かしら手を打たないとなりませんでした。

 

 

 

いろいろ調べると一番安いのは芝生なんですね。

 

 

 

建物にも合うし一番安いしで芝生一択となりました。

 

 

 

芝生を植えるためにちょっと耕そうと思ったのですが地面がけっこうカチカチでした 笑

 

 

 

しかもところどころにデカイ石が埋まってるようでスコップを勢い良く土に入れると「カキーン」と手がジーンとなり一気に疲労しました 笑

 

 

 

前回森林伐採をやってくれた方が「いろいろご自分でやってるんですか、お手伝いできることがあったら、これもご縁ですのでね、安くやりますから言ってくださいね」と言ってくれてまして、もうこのカチカチゴロゴロ石を重機で掘り返してもらおうと思いました。

 

 

 

 

 

20170626_1325203.jpg

 

前回の「ツメ」を「シャベル」に変えてまたお世話になりました。

 

 

 

それはもうザックザックとすごいパワーでした。

 

 

 

おかげさまでフカフカになりましたが石は残りました 笑

 

 

 

 

20170626_1325204.jpg

 

河原ようなこの光景 笑

 

 

 

ここからは手作業で石を取り除いていきました。

 

 

 

この荷車にして・・30回分くらい!

 

 

 

疲れ果てました 笑

 

 

 

手前「石拾い済み」奥「石拾い未」。

 

 

 

 

そして芝生には水はけの良い砂が良いということで砂を買うことにいたしました。

 

 

 

しかし面積があるのでホームセンターの袋売りを買っていたら運ぶのもひたすら大変だし高くつきます。

 

 

 

建材屋さんにお願いすることにしました。

 

 

 

ダンプは2t、4t、10tがある、ということもこの時知りましたが、それと建材屋さんによって持ってるダンプの容量が違うんです。

 

 

 

そしてやっぱりデカイの一発、10tの方が割安になります。

 

 

 

計算するとかなりの量が必要だったので、10tを8発くらいお願いしました。

 

 

 

しかし10tの破壊力は相当でした・・。

 

 

 

 

 

20170626_1325205.jpg

 

入ってくると想像以上にデカイ 笑

 

 

 

 

20170626_1325206.jpg

 

しかもフカフカにしてもらった芝生用地が10tの圧縮でまたカチカチに 笑

 

 

 

 

一歩進んで二歩下がった気がしました・・。

 

 

 

 

 

20170626_1325207.jpg

 

ざーっと下ろした後の山の量がやばかったです。

 

 

 

それとその後、荷台を元の位置に戻した時の一番後ろのフラップが「ガイーン」ていうのも「あ、ちょっと半端ない音量」でした 笑

 

 

 

この初回10t8発で完全に懲りて、次は4tの建材屋さん、その次は2tの建材屋さん、とだんだんと割高にはなりますがいろいろな10tの破壊力にはもうこりごりだったので、そのように移行していきました。

 

 

 

10tの運転手さんは良い人でした。

 

 

 

1発目で「これ全部やるの?手で?」と聞かれ、

 

 

 

4発目くらいで「大丈夫?もうやめておく?」と言い、

 

 

 

8発下ろし終わった時に「熱中症に気をつけて。」と言って帰って行きました。

 

 

 

 

 

20170626_1325211.jpg

 

今思うと10tの砂の山をまくのが一番過酷だったかもしれません。

 

 

 

でもおかげで一面砂浜のようになりました 爆

 

 

 

 

 

 

ちょっと東急ホームズ

 

 

 

東急ホームズミルクリーク、床ですが1Fはフローリング、しかし2Fの標準仕様は「カーペット」なんですよ。

 

 

 

洋風を極めるならばカーペットはありですがうちは妥協して2Fもフローリングにしてしまいました。

 

 

 

しかしカーペット敷きもどこかに残したい!

 

 

 

そう考えた僕たちはここをカーペット敷きにしました。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

階段。(写真は中山展示場)

 

 

 

色もこれにしました。

 

 

 

なかなか渋い階段になっていて気に入ってます 笑

 

 

 

それと内窓も付けました。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

(写真は藤沢展示場 今はない)

 

 

 

この内窓はキッチンと階段の間に付けましたがねじを手で回して固定する金具類なんかも渋くて気に入ってます。

 

 

 

東急ホームズはこういう渋いチョイスができるのもうれしかったです。

 

 

 

こんなことを書いていると結局全部、星野さんのおかげでした・・というところにたどり着くのですが、僕は多分一生星野さんに感謝し続けると思います 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと関係ないですが最後の一枚、このカーテンの開け方がかわいかったので、こうしてます 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

星野さんが貸してくれた洋書はこういう写真がたくさん載っていて、この様式はこの時期から玄関が出っ張ったとか奥まったとか屋根の形状はこの時期から寄棟になったとか煙突が出来たとか、そういう本でした。

 

 

 

 

 

大変、勉強になりました。

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2018.01.10 Wednesday

 

 

いよいよ「開拓史」に入りたいと思います 笑

 

 

 

土地の中で建築する位置を細かく詰めて行って、その後着工となりました。

 

 

 

最後まで悩んだのが、「イチョウの木」でした。

 

 

 

土地の中に立派な「イチョウの木」があって、その木をそのままにして建築の位置をずらすか、木の建築側の枝だけをカットしてぎりぎりで建築するか、幹でカットするか、移植するか、という選択肢が残されました。

 

 

 

「イチョウの木」は根が細く深いので移植の場合その根を傷つけることになるので移植に弱い。という情報もありかなり悩んでいました。

 

 

 

僕はこの場所を初めて見た時から木に特別な感情を持つようになっていました。

 

 

 

ちょっと神々しい雰囲気を感じていたこともあって、ここにあるすべての木を大切にしないといけないというような感情をなんとなく持つようになっていました。

 

 

 

この「イチョウの木」です。

 

 

 

 

18252604_420501578332846_4123680607211356160_n.jpg

 

日光をたくさん浴びて緑鮮やかに、SUPERモリモリに育っていました 笑

 

 

 

ある日、仮住まいからこの場所に行ってみるとイチョウの木の横に水糸が張られていました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

「ついに始まるのか!!」

 

 

 

と思ったのと同時に、図面上ではなく実際にラインを見てみると「イチョウの木」スレスレだったので選択肢についてまた悩みました。

 

 

 

 

 

森側の大木は、もし倒れた時に家までかかってしまう木はいろいろなアドバイスもありやむなく切ることになりました。

 

 

 

 

ここでも見積もりを見て驚くことになりました。

 

 

 

 

最初「庭木」関係のところに見積もってもらったら「当社のキャパを超えてます(笑)やるとしたら100万以上のレベルです」と電話で言われ絶望しました 笑

 

 

 

「自分でやるか」とも考えましたが、実際木の下に立って「ドゥーン」と倒すのを想像するとあまりにも恐ろしい。

 

 

 

「その時どちら側に逃げれば・・」

 

 

 

というレベルのアマチュアではさすがに手を出すものではない、と直感しました。

 

 

 

何社か調べていくうちに、こういう「森林伐採」関係にマッチングするありがたい会社を探し出しました。

 

 

 

このような作業でもマッチングしていると驚くほどお安くなるものでした。

 

 

 

一人がチェーンソーで切りつつ、上は「ツメ」のついた重機で「押さえていざ倒れる時にはそっとタッチして予定の向きに倒す」という神業を見ていました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

そっと添えて・・

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ドゥーン、と地響きが!

 

 

 

この場面を見て、自分で手を出さなくて良かった・・と本気で思いましたね。

 

 

 

そして大木も大切な木のイメージがあったので丸太は後日、全て利用することにしました。

 

 

 

先ほどの「モリモリイチョウの木」ですが、そちらは思い切って移植することにしました。

 

 

 

この写真、よく見ると「イチョウの木」が重機につかまれてカタカタ移動しています。

 

 

 

 

20170603_1297686.jpg

 

ちょっとこの時、飛行石の入ったラピュタの木を見ているようでした 笑

 

 

 

「あの木が全部持っていっちまう〜」

 

 

 

てなことを言いまして 笑

 

 

 

 

 

20170603_1297688.jpg

 

大量の丸太。

 

 

 

一部皮むきもして、ベンチ?ブランコ?何かを作りたい、と想像の広がる丸太となりました。

 

 

 

数日後にまたこの場所に重機が入り鉄の杭が打ち込まれて、さらに数日すると、ついに・・。

 

 

 

いや、なんとなくクルマからの視界で建築中の場所に「◯◯建設」等を目にして、「あの場所もああいうの出るのかな?それとも出ないのかな?」と期待半分くらいでいたんですよ、すると、出ました 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

東急ホームズファンとしては嬉しい「ミルクリーク」看板!(ミルクリークとは東急ホームズの輸入住宅部門)

 

 

 

近くに京成線が走っておりますこの場所に!!

 

 

 

東急が!!

 

 

 

と思うとなんだか革新的な気分になりましたね 笑

 

 

 

そしてついに柵の中では基礎屋さんが工事を開始しました。

 

 

 

この後、お恥ずかしながらその隣で作業をしていくことになります 笑

 

 

 

 

そして玄関の位置などもはっきりとしてきて興奮いたしました。

 

 

 

 

ちょっと玄関の位置に立ってみたりして 笑

 

 

 

 

見回してみたり 笑

 

 

 

この頃になると営業担当の星野さんから設計担当→工事担当と引き継がれていて、星野さんとは完工、清算の頃までお会いすることはありませんでした。

 

 

 

星野さんは横浜からこの場所までよく足を運んでくれました。

 

 

 

「ここにはハーブがあるといいですね」とか「ここには木を植えましょう」とか時には2時間くらい、現地を見ながら語りました。

 

 

 

久々に書きますと、その時「ドリーミングが加速」しましたね 笑

 

 

 

星野さんはベニシアさんやターシャテューダばあさんが好きで、そこは妻とよく話が合っていたのですが、ある日現地で僕に、

 

 

 

「え、ターシャテューダばあさん知らないんですか?」と言うとすぐにipadを取り出し、僕にターシャテューダばあさんについて小一時間語ってくれました 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

星野さんはこの家について、一連のことを本当に楽しませてくれました。

 

 

 

そういえば設計の段階で「建築様式について学びなさい」みたいなかんじで分厚い洋書を5冊貸してくれました。

 

 

 

傷つけないように原付のメットインに入れるのが大変でした。

 

 

 

あの時は結局、この本優先でビジネスバッグは肩がけにしましたね 笑

 

 

 

寒い雨の夜の平沼橋でした・・。

 

 

 

ではまた 笑

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2018.01.04 Thursday

 

あけましておめでとうございます。

 

 

 

本年もよろしくお願い致します。

 

 

 

年末、年始、僕は普段とあまり変わらずに過ごしておりました。

 

 

 

家族が集うということで、元旦に帰省した以外はいつもどおりの重作業、その後夕方にPCで調べ物、夕飯前にビアを3本、そして夕飯を食べて20時に寝る(笑)という繰り返してございました。

 

 

 

ただ、このような生活ももう終わりとなる予定です。

 

 

 

寂しい!笑

 

 

 

楽しい日々でした!

 

 

 

とりあえず年末年始、全編録画をしましたこちらも見る時間が無く、早いとこ見たいと思ってそわそわしています 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

すでにこのブログもNEWタイトルになって、読んで頂いているとわかると思いますが、やっぱり似ている・・笑

 

 

 

あの、楽しかった住居計画の日々を思い出してしまいます 笑

 

 

 

けっこう「楽しかった」という日々が連続してるというのはありがたいことでございます。

 

 

 

感謝!(誰に)笑

 

 

 

ちょっと考えると、僕の周りの皆さんに・・というかんじで良いと思います。

 

 

 

照笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ゆりさん・・、LOVE 笑

 

 

 

我慢できずに作業の合間にちょっと見てしまいました 笑

 

 

 

申し訳ない(誰に)笑

 

 

 

なんでこの人、いくつになってもこんなに魅力的なんでしょうか!!笑

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

僕は飛行機写真が趣味の前は旅が趣味で、その前は音楽が趣味で、さらにその前はサーフィンが趣味でした。

 

 

 

「趣味なら本気で」、と言いますか僕はどうしてもその時々に思いっきりのめり込むタイプでして、どの趣味もディープにのめり込みました。

 

 

 

どれも飛行機写真と同じくらいにはまっていました、といえばわかりやすい感じだと思います 笑

 

 

 

しかし、体力面とかいろいろと挫折をして去るわけですが 笑

 

 

 

サーフィンの時の仲良しフレンズにめっちゃおもろい人がいて、その人は今、バイキーの草レースに夢中で人それぞれ、いろいろな分岐点があり、と言いますか僕とその人はたまたまサーフィンが接点だっただけ、というわけでこちらと関わりのない世界に行ってしまうのは必然なのですが、そうするとどうしても縁遠くなり・・そして今に至りますが、その人、フーファイターズのVo.デイヴグロールに似てるんですよ 笑

 

 

 

自称ロナウジーニョっていうのも(爆)なのですが、とにかく人気者でいつの時でも周りには楽しそうな人がたくさんいて、羨ましかったりするわけです 笑

 

 

 

僕は一時期「神様」って呼んでいたこともありました 爆

 

 

 

波の裏側で波待ちをしていると、過ぎていった波に乗った人がプルアウトして波を越えてくるのが見えるのですが、その人がプルアウトした時にオフショアで波のリップから飛んだしぶきに虹がかかり、そこにウエットなロン毛、ヒゲのその人がふわりと波を乗り越えてスローモーションで現れたわけです。

 

 

 

まさに「神様」でした 爆

 

 

 

「OH ジーザス」と言ってしまいましたね 笑

 

 

 

そしてこの時ほど写真に撮って保存したいと思った風景はありませんでした 笑

 

 

 

前置きが長くなりましたが、お正月番組でその人に似ている登場人物が出ているアニメを見かけました。

 

 

 

今更、「めっちゃ似てますやん!爆」と、それだけで彼に連絡するのも申し訳ないのでここに軽くUPする次第です 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

似てる 爆

 

 

 

まあ・・、これは僕だけがおもしろければそれでいいのです 笑

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

年末に嬉しい贈り物をいただきました。

 

 

 

友達の友達で、ご近所で空港勤務の方で雰囲気や趣味や、いろいろと合いそうだと思ってこれから!という時に転勤が決まってしまいしばらくこの地を離れるということを聞き、本当に残念でした。

 

 

 

多分、その人とは僕の中で、前記のサーフィンの時のその友達のような関係になる予感がしていました 笑

 

 

 

だってその人は僕がPOLARが好きだということを知っていて、うちのポストにこれを入れておいてくれたんですよ!!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

一般でなかなか入手出来ないと思いますよ、POLAR AIR CARGOのカレンダーです 泣

 

 

 

ポストを開けて本当に嬉しかったんです。

 

 

 

勝手ながら、こういう気持ちっていうのはずっと残るものだと思いました。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

年末年始を挟み様々な話になってすみません。

 

 

 

この記事の中で第4章です 笑

 

 

 

以前にちらっと書きました市街化調整区域についてもちょっと書いておこうと思います。

 

 

 

通常だと住宅の建築不可の市街化調整区域ですが、(よく資材置き場など事業用の仮設事業所などは可という場合が多い)建築可能な例外について、以下のような場合があります。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

まとめると、

 

 

 

・「市街化』区域から1.1km以内。

 

 

 

・150m以内に40以上の連たん。

 

 

 

そうすると建築可能な「市街化調整区域」となります。

 

 

 

ただし今回、この件の申請書類関係だけでファイル一冊分2cmくらいの厚みがあり、驚きました。

 

 

 

面倒なので住宅メーカーによってはやってくれないところはやってくれないかもしれません 笑

 

 

 

それと気をつけなければいけないこと、行政は「市街化区域」に人々を集めていることは意味の無いことではなく、そこを重点的にライフラインを充実させているということを忘れてはいけません。

 

 

 

「市街化区域」はライフラインが完備されているということ、「調整区域」は(放置気味に 笑)完備されていないこと、ということになります。

 

 

 

ここは電気、上下水道、無し、でしたからね。

 

 

 

まさに手付かずの野っ原 笑

 

 

 

電気を引いてもらい、井戸を掘削してもらい、浄化槽を設置しました。

 

 

 

今なら山奥の別荘地でも、それほど驚かずに手続きを進めることができると思います 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

良い場所ですけどね、大変でした 笑

 

 

 

それともう一つ、調整区域なので坪単価が安いこともあり、「これはありがたい」と思い、購入したのは300坪(1000m2)でしたが、広い土地を購入して後から「やばい」と気づいたことがありあます。

 

 

 

これは是非参考にしていただきたいと思います 笑

 

 

 

外構費の桁が違うんです。

 

 

 

接道55mなんです 笑

 

 

 

ざっくり接道5mと比べると10倍かかるということです。

 

 

 

フェンスを一周見積もってもらったらとんでもない金額でした 笑

 

 

 

数百万で 笑

 

 

フェンス50万なら「まあまあ」となりますが500万となると「あれあれ?」となるわけです 笑

 

 

 

それと一面の芝生なども桁違いでございました。

 

 

 

多分施設用の〜とかと近づいてくるイメージだと思います。

 

 

 

そういうこともあって、と言いますかそんなに軽い感じではなかったのですが、ここは自分でなんとかしなければならなくなりました 笑

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

第5章 おまけ

 

 

 

先日フェイスブックで良い言葉を見つけました。

 

 

 

 

片岡鶴太郎氏の言葉でした。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

良い言葉ですよね。

 

 

 

お後がよろしいようで。

 

 

 

ではまた!

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2017.12.30 Saturday

 

 

久しぶりに飛行機写真をUPさせていただきます。

 

 

 

僕は飛行機写真が趣味で、Airplane-Picturesというところに登録していまして、そこを介してたまに貴方の写真を使わせていただけますか?という「リクエスト」メールが来るのです。

 

 

 

昨夜はHawaiian Airlinesの方からincredibleなphotoなので使わせて欲しいというメールをいただきました。

 

 

 

ですので、久しぶりにHDDを起動、日付からこの写真を探し出してお送りしました。

 

 

 

 

 

Hawaiian Airlines Airbus A330-200 N370HA​| ©M.Tsuruta - Aviation Photographer Portfolio | Airplane-Pictures.net

 

 

 

ハワイアン・スプラッシュ!!

 

 

 

水しぶきの部分ですが、気持ちの良いフワフワ感が出ました。

 

 

 

夢中でした・・。

 

 

 

懐かしい 笑

 

 

 

こちらの趣味も、また落ち着いたら暇を見て再開したいと思います。

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------

 

 

 

 

 

ここからは昨日からの続きに入ります。

 

 

 

無事に契約も終わり、土地の名義変更も終わり、横浜の家の引き渡し日も決まり、仮住まいの契約も終わり、引越しの手配も終わり、と昨年の今頃はドタバタでした。

 

 

 

この辺りはあまり・・、もう経験したくないです 笑

 

 

 

タイトすぎて 笑

 

 

 

しかしなんとか乗り切りました。

 

 

 

横浜の家にあったこのはなみずきですが、

 

 

 

iPhoneImage.png

 

これだけは持ってきました。

 

 

 

記念樹でしたので大切にしようと思いまして、一緒に高速に乗りました 笑

 

 

 

17077465_1836406866626762_1789542688459063296_n.jpg

 

 

横浜の庭のセンターを飾っていた木でしたので、クルマに乗せるとまあまあなボリューム感でした。

 

 

 

 

 

16789290_1852108595047841_3714129722913849344_n.jpg

 

 

「大切な木だからここで大きくなりますように」と言って植えましたね。

 

 

 

水も無いので、水も一緒に運びました。

 

 

 

これが、この土地に初めて手を入れた「小さくても大きな一歩」となりました。

 

 

 

しかし、横浜の家は30坪で住宅地の中、こちらは300坪で周りは森です・・、この木の存在感の違いに驚くことになりました。

 

 

 

 

 

17818674_1616412928388109_9125654753412382720_n.jpg

 

 

小っさ! 爆 

 

 

 

まるで苗木のような雰囲気になってしまいました 笑

 

 

 

しかし、ここで最初から見守ってくれる大切な木となりました。

 

 

 

落葉樹なのでこの時期は冬眠中です。

 

 

 

しかし春になって目が覚めたら・・、環境の違いにびっくりしたでしょうね 笑

 

 

 

「なんじゃここは〜!!」

 

 

 

ってね 笑

 

 

 

後方にそびえる森の大木たちとも仲良くやってほしいと思いました。

 

 

 

続く

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2017.12.29 Friday

 

昨日に引き続き、今日も一つ完了したので気晴らしにブログをUPします 笑

 

 

 

いや、ブログをUPしたいから面倒な入力作業を終わらせた。というかんじです 笑

 

 

 

東急ホームズのいろいろな手続きを終え、契約書を持ち帰った時の妻の喜ぶ顔はちょっと忘れられません。

 

 

 

なにしろ東急ホームズファンにならないように耐えていた僕たちが、憧れの東急ホームズと契約したわけですから(笑)、それは喜んじゃいますね!と思いながら一番喜んでいたのは僕でしたね 笑

 

 

 

平沼橋から原付で帰宅して、駐車場でジュリオ(樹里央)のメットインをオープン(笑)、カバンからおもむろに契約書の入った重厚な茶色いファイルを胸に抱え(笑)、玄関を開けて「東急ホームズの契約書、持って参りました〜!!」と言った時の妻の顔、というよりも僕の顔(笑)、相当喜びに満ちていたのだと思います 爆

 

 

 

そして玄関まで出て来た子供達は僕の満面の笑みを見て、あまり見たことのないテンションに若干引いているのがわかりました 笑

 

 

 

そんなかんじで数日後からすぐに着工前の打ち合わせが始まりました。

 

 

 

スクエアな建物にセンターの玄関、センターの階段、両側に部屋など、というわけで建物自体けっこうシンプルでしたので、それほど面白い間取りの提案などもなかったのですが、その中からおもしろポイントを抜粋して紹介します 笑

 

 

 

トイレですが、どうせだからリアルな洋式を追求したい(笑)ということになり、うちは「オープントイレ」を取り入れました 笑

 

 

平沼橋の展示場が良いかんじでしたのでそのまま導入いたしました。

 

 

 

↓平沼橋展示場のおトイレ

 

 

iPhoneImage.png

 

 

これが扉の向きによってはちょっと「見えてしまう」状態も考えられましたので、慎重にならざる得ませんでした。

 

 

 

星野さんが「扉を開けてあっ、てなったら・・・笑」と言うものですから(笑)、僕としても「それは避けたいです 笑」とお返事した一幕がありました 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

うまく横向きにすることになりました 笑

 

 

 

扉が開く方向も気を使って 笑

 

 

 

ちょっと・・書いていて懐かしくてほろ苦い(笑)、ああ・・、あの頃に戻りたい 笑

 

 

 

 

 

それと1Fの階段下に洗濯機と冷蔵庫を入れたい、という内容の時でした。

 

 

 

僕が「これ、家で修正してきた図面ですが、余裕で入りますよね?」と聞いたところ、

 

 

 

星野さんは、「だって、これ・・(笑)洗濯機と冷蔵庫、小っちゃくないすか?(笑)」と言った図面がこちらになります 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

確かに小っちゃかった 笑

 

 

 

これだとだいたい椅子くらいの大きさだった 笑

 

 

 

懐かしい 笑

 

 

 

最終的には収納の幅を狭くしてうまく入れてもらいました。

 

 

 

本当に星野さんと僕と、楽しみながらこういう打ち合わせをしていたんだな、としみじみ思い出しました 泣

 

 

 

いや、今になって思うと、星野さんは僕にこういうところから楽しんでくださいと思って進めてくれていたような気がします。

 

 

 

いつもうんうんとうなずきながらほがらかに聞いてくれていました。

 

 

 

だから僕の中で楽しかった思い出しか残っていないのかもしれません。

 

 

 

そう思うと、もう星野さんがメーテルのような感じさえしてきます。

 

 

 

ここでは逆に「星野」(仮)とさせていただいていますが 笑

 

 

 

感慨深い。

 

 

 

今日はここまで 笑

 

 

 

続く

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 東急ホームズ


2017.12.28 Thursday

 

なかなか以前のように定期UPができずに申し訳ありません・・。

 

 

ハードな外の作業が終わったあとにPCに向かう時間はあるのですが、税金の関係や調べ物でだいたい夕飯になり、20時には寝てしまい、翌日またハードな作業(今は丸太をコンクリートで固めてフェンスを作っています)という繰り返しになっていて、以前のようにPCの前に座って時間がたくさんある、という状況ではなくなってしまったのです。

 

 

 

今回みたいに何かがひと段落したらちょっとブログ、というペースでいきますのでお付き合いいただければと思います。

 

 

 

 

前回は土地との出会いを書きました。

 

 

 

今回は住宅メーカーとの出会いを書いておこうと思います。

 

 

僕も妻も家を建てるなら輸入住宅というのは以前から一致するところでした。

 

 

僕は海外を旅した時の漠然とした思い出などがあり、妻は僕よりもハードで、好きな番組はベニシアさん、本棚を見ると「パリ郊外の休日」や「イギリスの庭」などの本があり、僕から見てもなかなかなものがありました 笑

 

 

 

輸入住宅メーカーというと、スウェーデンのハウスやカナダのセルコホーム、けっこう派手目な天草(多分レンガの間のセメントが白い)などがありますが、うちのイメージは当初からなんとなく出来上がっていて、スウェーデンやカナダではなく、シンプルなラップサイディング(木を斜めに重ねていく外装)と上げ下げ窓、シンメトリーでセンターに玄関という北米のジョージアン様式、となると東急ホームズ、というのは知っていましたが、本命(というかそこしかない)の東急ホームズは憧れ的なものが強すぎて「カタログをもらって中を見たら好きになりすぎて離れられなくなる」と思っていたので、カタログすら依頼せず、平沼橋の住宅展示場でも入りもせず(笑)雑誌などを見る日々が続きました。

 

家だと良く言われることですが、自分の予算以上のものを見てはいけない、なぜならそれが基準になってしまうから。

 

というのを無意識のうちに実行していたわけです。

 

 

 

しかしある日、参考までにカタログ(だけ)取り寄せてみましょうということになりました。

 

 

 

リアルに参考にして、寄せていこう(笑)と思ったわけです。

 

 

 

そこが始まりでした。

 

 

 

WEBで申し込んだら平沼橋の営業所長さん(星野源似 以降星野さん)から翌日に電話があって「土地が決まっているのでしたら今日、見に行ってきます」と、で、その帰りには横浜の家に寄ってくれて僕のドリーミングなども語って、建てたいのはこういうかんじです、でも御社はこちらからしてみればただの憧れですし、そもそも予算が合いませんのでカタログだけで十分です、(お引き取りください 笑)というような話しをしたところ、「良い場所ですし、良い話です、ご希望に合わせますのでやりましょう!」と言ってくれたのでした。

 

 

ちょっと涙が出そうなくらい嬉しかったですね。

 

 

後日星野さん(笑)に、なんでそれほど予算も無いのに相手にしてくれたのですか?と聞いたら「横浜ではまず無いあの土地が良かったですし、あの場所に建つジョージアン様式がやりたかったですし、貴方のドリーミンが良かったです。」と言ってくれました。

 

 

嬉しかったですね(笑)本当に。

 

 

住宅展示場の一角にある東急ホームズですが、ちょっと独特な住宅メーカーだと思うんです。

 

 

輸入住宅に興味のある人でないとあまり知りませんし、逆に興味のある人だと間違いなく知っていますし、それと絶対にここで建てたい、というような「ファン層」が確実にいます。

 

 

 

うちの場合は、予算上そうならないように注意していのですが、今回の件で一気にブレイク(笑)、がっちりとファン層の仲間入りをしました 笑

 

 

 

そういう熱いかんじで始まったんです 笑

 

 

 

数日後、星野さん(笑)はあの場所に建つ東急ホームズのイメージ(スケッチ)をくれました。

 

 

 

それを見たらこちらのイメージも急上昇(笑)、その後試験勉強の机の前にも、そして今も前に貼ってあります 笑

 

 

こちらになります。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

ドリーミングが加速しました 笑

 

 

 

東急ホームズはなんとなくですが、ドリーミング系に向き合ってくれる会社のような気がします。

 

 

 

「うちがそんなに好きならいろいろ難しくても一緒にやりましょうよ」みたいな 笑

 

 

 

少なくとも僕にとってはそういうイメージの住宅メーカーです。

 

 

 

それからは土日に、仕事帰りに、平沼橋(TVKハウジング)通いが始まりました。

 

 

 

仕事帰りは原付です 爆

 

 

 

真冬の原付遠回り帰宅はめちゃくちゃ寒かったですね 笑

 

 

 

平沼橋は20回くらい、中山は10回くらい、幕張も10回くらい、代官山は2回と、ヘビーな打ち合わせの日々が始まりました。

 

 

 

引き渡しになった時、今後星野さんたちとお話ができなくなるのがとても寂しかったです・・というくらいには通っていました 笑

 

 

 

 

 

16230859_1593076487374044_6227200248414994432_n.jpg

 

 

中山にて

 

 

 

 

 

16230328_1876319962649289_2855894527305056256_n.jpg

 

 

これも中山にて

 

 

 

 

土地が市街化調整区域だったこともあって打ち合わせの期間は長引きました。

 

 

 

1年間くらい。

 

 

 

しかしこちらからしてみればただの憧れだった東急ホームズとの少しずつ進んでいく毎日は、それはそれは楽しかったのです。

 

 

 

今でもあの頃に戻りたいとすら思ってしまいます 笑

 

 

 

東急ホームズミルクリーク ※関東近郊のみ展開のようです。

https://www.millcreek.jp

 

 

 

続く

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 東急ホームズ


2017.12.20 Wednesday

 

横浜の生活は楽しかった。

 

 

ただ、これでいいのか?とは心の片隅でいつも思っていました。

 

 

 

二人をプールに入れながら・・、よく見たらプールじゃなくて収納だ(笑)、こんな時にもそんなことを思っていました。

 

 

 

 

14033633_1084897941590719_216890191_n.jpg

 

 

またまたよく見たら僕の大切な水玉ドットセノビーが!!(笑)

 

 

 

WATER INしてるじゃないか!!(笑)

 

 

 

キレイになっていいか 爆

 

 

 

 

横浜は楽しかった。

 

 

 

みなとみらいまでクルマで15分くらいだったから保育園帰りでもたまに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

僕はこの時ボルトだけが気になっていました。

 

 

 

外れたらどうなってしまうんだろう・・そんなのこち亀でしか見たことがないよ・・、と考えていたのでした。

 

 

 

 

13725596_1770790593205666_164008830_n.jpg

 

高すぎて怖い・・笑

 

 

 

でも、横浜を離れてここに住んでみて気づいたのですが、全然悪くないんです。

 

 

 

今は真冬に入ってきて、マイナス4℃くらいまで冷え込んだりしてちょっと驚いていますが、ただの田舎じゃないとは思っていました、いや、家の周りはかなり田舎ですが(笑)、巨大空港が近くにあると寂しい田舎とかというかんじはしないんですね。

 

 

 

先日なんてちょっとターミナル2へメイ・ジェイ見に行ってましたからね(笑)、みなとみらいへ行くのとあまり変わらない雰囲気がここにはあるんです 笑

 

 

 

 

その土地の話ですが、昨年、運命的な出会いをしました。

 

 

 

 

なぜかと言うと、まずなかなか出ない土地だからです。

 

 

 

この辺りの土地はずっとウォッチしてますが(笑)この物件以降見たことが無いくらいのレベルです。

 

 

 

「市街化調整区域」、基本的には家の建てられない区域になりますが、「例外」で建てられる「市街化調整区域」があるのです、と言いますかその事もこの時に知りました。

 

 

 

 

そんな話も書いていこうと思いますが、ここの地目は「山林」でした 笑

 

 

 

「市街化調整区域」の「山林」です。

 

 

 

すでに易しい道ではないかんじはしていましたね 笑

 

 

 

 

17332523_990378007729143_4275543899109326848_n.jpg

 

こういうごつい木がけっこうありました。

 

 

いよいよ次回からは、涙あり笑いありの本題「開拓」に入っていこうと思います 笑

 

 

 

 

 

17494792_1326243104131246_1133047166214864896_n.jpg

 

 

しかしこの土地は初めて見た時から、光がキラキラに見えたり、木々の間からの光が天使のはしごみたいに見えたりと、なにか神々しくて、運命的なものを最初から感じました。

 

 

 

そして、ここで計画が進んで行くことになりました。

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2017.12.15 Friday

 

今日は木材にニスを8回塗ったテーブルを設置しました。

 

なぜ8回塗ることになったのか・・など、詳しくはまたUPしたいと思いますが、とりあえず今日おもったことを書いておこうと思います。

 

 

 

思ったよりうまくできた今回の製作でした。

 



かなりカットの精度が出て来たんです。




カットより採寸かな?

 



しかしプロレベルのきっちり感はないです。




どうやったらミリの隙間なく出来るのか・・。




やはり10枚カットしたくらいのレベルでは全然到達出来ません。




どの世界でもプロフェッショナルのディフイカルティなテクニカルはリスペクティブです。




そして僕はこれだけやるのに2週間かかりましたね 笑

 


 

設置したテーブルの前にイスを置いて、さっそくビアをいただいて浸っていたところに(笑)おつまみの差し入れがありました。

 


 

アチアチ、アチアチの、いや熱々の(M1より 笑)お決まりのポテトチーズソーセージで冷蔵庫の内容によっては、たまにポテトチーズベーコンになります 笑




 

 

 

そこで思ったこと・・、本当にさっきリアルに思ったことを書いておきたいと思います。

 

ブログ離れしないでいただきたいと前もって言っておきます 笑

 



ちょっと・・、

 

 

 

ニューヨークを思い出しました 照

 

 


ニューヨークのホテルの一室で、頼んだルームサービスが運ばれてきた時の、忘れかけていた記憶が一瞬、脳裏をよぎりました。

 



まあね、まあね、時期的なものもあるでしょうけどもね!

 



嗚呼・・、成田発ニューアーク行きコンチネンタル8便 泣




ターミナル1 泣




・・・、




すぐそこだ 爆



 

多分ですが、幅があって1番分厚い材を買ってきたので、それがたまたまアメリカンなテーブルの奥行き感と厚みが出て、なかなかディープな色とテリが出ましたが、表面がいくらやっても若干雑なかんじにしかならなかったのが、逆に日本風の丁寧なキレイさにならなくて、しかしテリだけは濃かったというような逆に?(笑)結果オーライなかんじになった気がするのです 笑

 

 

 

しかしあの旅はいまだにふとした所で出てきます。

 

 

 

困ったもんです。

 

 

 

失礼しました・・。

 

 

 

ではまた 笑

 



 メリークリスマス!

 



(続く)

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2017.12.14 Thursday

 

 

3年くらい前に調べたり計画を始めて、2年くらい前から実際に行動を開始しました。

 

市役所や県庁などにも行って相談したりして、同時に土地探し、横浜の家の売却、試験勉強も始めたのでてんやわんやになってきました(笑)

 

家の売却については、売れるか心配でしたが売りに出して2週間で申し込みが3件も入り、そのおかげで計画が加速しました。

 

そこでプラスになった予算が今回の計画にとても重要でした。

 

 

 

なぜすぐに決まったのかというと、それには理由がありました。

 

横浜の家は若い頃に買いましたが、自分が若いゆえに親の厳しいチェックが入りました(笑)

 

あの頃は納得がいかなかったのですが(笑)それはあまり建物の価値のつかない古い戸建てを土地を見て買え。というものでした。

 

「いいのがあったから見てちょうだい」と言って一緒に見に行くと「ダメだな」の連続でした。

 

で、相当見た頃、どうせ今回もダメ出しだろうな、と思って「また見てちょうだい」と言って一緒に見に行くと

 

「雅也よ、ここはありだな」

 

との返事がありました(爆)

 

 

 

そこはちょっと丘の上にあって角地で富士山が見えるくらい見晴らしの良い場所でしたが、築20年くらいの物件でした。

 

当時若かった自分は若干、納得がいきませんでしたが(笑)相当お金をつぎ込んでフルリフォームして住み始めたのです。

 

 

 

というわけだったのですが、驚くことにそれが今に(今頃になって)つながってきたのです!!

 

 

 

土地代(と言っても横浜だと横浜プライス)のようなかんじで買ったその家の返済を10年くらい住む間にコツコツと返していた僕ですが、昨年の売却の時点で残高は信じられないくらいに減っていたのです。

 

 

 

で、今回買ってくれた方も、やはり土地代(と言っても横浜プライス 笑)のようなかんじで買っていただいた、というかそれが相場なので、一般庶民の自分にパンチの効いた軍資金が入りました。

 

 

 

 

良い土地のおかげで申し込みが同時に3件入ったというのも、中古だと通常入る値引き交渉(家だと数百万となるのであなどれない)がない契約となったのがまた大きかったわけです。

 

 

こういうことだったのか!!

 

 

と実感しましたね。

 

 

先日その話を親に話して「あの時はナイスなアドバイスをありがとう、感謝感謝」と言うと、意外な返事が返ってきましたね。

 

 

 

「もっと高く売れたんじゃないの?」

 

 

 

と・・・。

 

 

 

相変わらず厳しかったですね 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

デッキとレンガとはなみずき。

 

小庭を楽しんでいた。

 

売る時の下見に来た人には、「大桟橋と同じウッドデッキですよ!雨の日には色が変わるのがいいんですよ!」とPRした。

 

 

 

今はこれを基本にブラッシュアップしたかんじと言えば良いでしょうか 笑

 

 

 

そう言えば今思い出しましたが、その時にお願いした不動産屋さんが「横浜の物件というのは絶対に売れるんですよ」と言っていました。

 

 

 

続く

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


▲Page top

2/270Pages