<< 2018年4月8日 main 2018年5月10日 >>

2018.04.11 Wednesday

ひと段落したので気晴らしに更新します 笑

 

 

 

■QANTAS

 

 

 

昨日、airplane-pictures.net経由でリクエストが入りました。

 

カンタスからジェットスターの写真の依頼でした。

 

「ん?」と思いましたが2秒後に「系列か」と気付きました 笑

 

「Jetstar office wall graphic」に使いたいということが書いてありましたが、社内的な使用なのでしょうか。

 

以前からこのような使用方法での依頼がちょいちょいありました。

 

出来れば世に出る方がいいですけど、社内的なものでも、悪い気はしません 笑

 

 いつものように写真データと一緒に「QANTASのグッズが欲しい」と一筆書き添えました 笑

 

届いたらまたここで自慢しようと思います 笑

 

 

 

今回はこちらの写真でした。

 

 

 

スクリーンショット-2018-04-11-5.12.27-PM.jpg

 

https://www.airplane-pictures.net/photo/581958/jetstar-airways-boeing-787-8-dreamliner/

 

 

久しぶりにAPからコピペしようとしたら「右クリ禁止」になってるじゃないですか!

 

今までずっとそれでブログUPしてきたのに 笑

 

IE、クローム、サファリどれも「右クリ禁止」でコピー出来ませんでした。

 

こう言っちゃアレですが不便になりましたな 笑

 

元ネタをフォルダーから探すのは大変。

 

仕方ないので「スクショ」で対応しました 笑

 

自分の写真なのに 笑

 

 

 

 

 

 

 

■研修

 

 

保育園では、まだまだ教えてもらいたいことがたくさんありましたが、今月からこちらに定期預かりの予約が入ってしまったので、

ようやく1日の流れなどもわかってきてこれからがもっと楽しいと思っていたのですが泣く泣く研修終了とさせていただきました。

 

 

保育園での一部始終をここにまとめておこうと思います。

 

 

 

 

 

保育園の副園長さんは僕の思いをわかってくれて採用してくれました。

 

保育園では毎日、園庭で子供たちと駆け回って鬼ごっこをしたり縄跳びをしたりしています。

 

部屋では絵本を読んであげたり積み木で遊んだりしています。

 

こうして子供たちと遊びながら少しづつ子供たちの心を育てていく仕事というのは、「こんなにやりがいのある仕事があったのか!」と思うほど毎日が充実しています。

 

そしてこのかんじを、森の保育所の方にそのまま持ってきたいと思いながら、毎日勉強させてもらっています。

 

昨日は本当に小さい子の手洗いを手伝ってあげたら一生懸命「ちゅるたせんせありがと」と言ってニコニコしてくれました。

 

じーんと来ましたがそいうのの連続です><

 

研修と立ち上げの二本立てで目が回りそうですが頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

研修させていただいている保育園では上履きやジャージが必要ということで、急いで手配しました。

 

妻がベイシア富里に買い物に行くというので、ついでに買ってきてとお願いしました。

 

別リクエストはしなかったのですがちょっとパンチの効いた上履きが来ました。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

ちょ・・。

 

これ、山下清みたいにならないか?

 

と思ってしまうような一品でした。

 

そもそも大サイズのこのタイプ、売ってるの?と思いましたし、

 

せめてここはオールホワイトだろう?

 

と思いましたが、特別何も言いませんでした。

 

 

 

 

ジャージです。

 

これは絶対にストレートで、とお願いしました。

 

下がすぼまっているジャージだとパジャマみたいになってしまうからです。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

KAEPA USA。

 

980円

 

スポーツ系にあまり詳しくないとは言え、あまり聞いたことがなかったので不安になりました。

 

「ぱちもんじゃないだろうか・・」

 

頭をよぎりました。

 

しかし知らぬが仏、これもあまり気にせず使うことにしました。

 

 

 

 

今、研修中の保育園で、昨日はちょっと嬉しいことがありました。

 

些細な一言なんですけど、保護者の方が迎えに来た時、その方が言ってくれたんです。

 

「新しい先生と遊ぶのが楽しいって言ってすごい喜んでました、ありがとうございます。」

 

と言ってくれました。

 

今の僕にとっては何よりも嬉しい言葉でした。

 

 

 

研修中の保育園は夜は21時までやっているんです。

 

普通のお迎えが15時なのでそのあとはかなり長いです。

 

お迎えが遅くなる子はおやつの時間に軽食を食べます。

 

そして次々にお迎えが来て徐々に人数が減っていき、最後4人くらいになってくると小さい子でもなんとなく寂しそうなかんじになってきてかわいそうです。

 

玄関に誰かがくるとチャイムが鳴るんですが、みんな遊んでるおもちゃを放り投げて玄関に走ります。

 

そして自分のママだと飛びついて喜んで、自分のママではないと、「違った〜」と言って戻ってきます。

 

その時の寂しそうな表情は見ていてつらいものがあります。

 

かわいそうですが、「大人は一生懸命働かないといけないんだよ。」

 

と言うしか思いつきませんでした。

 

 

 

最後まで残る子はだいたい決まっているのですが、その子とは終盤たいていマンツーマンになって、二人ともお腹が空いているので好きな食べ物を言い合います。

 

「ちゃーはんとファミチキが好き。」と言うもんだから、思わずゴクリとしてしまいました 笑

 

「ファミチキ、おいしいよね!食べたいなあ。」

 

と言うと、「売ってないお店もあるんだよ。」

 

「それはがっかりだよね。」

 

というかんじで軽く盛り上がったりします 笑

 

食べ物の話が寂しさを紛らわすにはなんとなく良いような気がしています。

 

 

 

そしてその子のお迎えが来ると、そのあと掃除をして鍵をかけて、遅番の仕事はおしまいです。

 

仕事は昼から21時までぶっ通しです。

 

外構の作業では10時から17時までぶっ通しでやっていたので、そこで慣れていたので良かったのですが、それがなかったらちょっときつかったかもしれません。

 

ちょっと思ったのですが、スマホはロッカーに入れっぱなしなので、スマホとこんなに離れるのも今までなかったです。

 

今までの仕事は目の前にPC、左にはスマホでネット環境揃っていたのですが(笑)、ここまで離れるということは今までなかったので逆に新鮮です。

 

今の仕事中は忙しくてスマホのことなんて気にならないのですが、それは家に帰ってからもなんとなく良くなりました。

 

今まではけっこうスマホを見ながら子供と会話をしたりしていましたが、それがあまり無くなりました。

 

紙飛行機を作ったりすることもなかったので、家でも良い方向に向かっている気がします。

 

 

クラスの担任になるとものすごく忙しそうですが、僕はいろんなクラスを渡り歩いていろいろ勉強させてもらうというかんじなので、担任と違い怒ることもしませんし、そうするとまさにキャラクターみたいな位置づけになるのだと思います。

 

そんな日々を過ごしていると心に溜まった毒が抜けていくような気がします。

 

みんないい子です 涙

 

 

 

一人の子が毎回言ってくることがあるんです。

 

ハードな作業の時期は完全に痩せましたが、作業が楽になってから、リバウンドして若干お肉がついてきました。

 

するとその子は僕のお腹を見て、「あかちゃんはいってるの?」と絶対毎回5回くらいは聞いてきます。

 

毎回「たべすぎたー」とライトに答えますが、翌日もまた聞いてきます。

 

「ほんとうははいっているの?」

 

別にいやにはならないですが、ちょっとやせようと思います 笑

 

 

 

職員30人、子供たちは120人くらいと大規模なので、今まで単独の作業をしていた僕に襲いかかるものといえばなんでしょう。

 

はい、かぜなどの感染です。

 

かぜをひいてしまいました。

 

 

 

はじめのうちはタオリングでスイッチONしていたのですが、そうすると無防備な口もとから容赦なく入ってきたしまったようです。

 

これは非常にまずいと思い、自己防衛のためマスクを買いました。

 

翌日タオリング+マスクをロッカーの鏡で見たのですが、思った以上に露出部分が少なくて(目しか見えない)ダブル装着は無理だと思いました。

 

なので仕方なくタオリングのスイッチは当面の間中止としました。

 

 

 

噂が広まるのはとても早くて、一人に「風邪をひいてしまいました・・」と言ったところ、翌日には全員が知っている様子でした。

 

 

 

頻繁にブリーフィング的なものをしているので、

 

「◯◯くんが砂場で◯◯ちゃんの髪を引っ張りました、でも怪我はなかったようです。」

 

のような話の最後に、

 

「つるたせんせいが風邪気味です。」

 

というのを付け加えたのではないだろうかと想像しています。

 

しっかりとした園だと思うので、体調管理なども徹底しているので、そういう面からのことではないかと思います。

 

 

 

 

主任の方から「大丈夫です?私たちは免疫できてるけどつるたせんせいは免疫ないからね、無理しないでくださいね」

 

というかんじで、新しく来るとよくある話、みたいな雰囲気で声をかけていただきました。

 

 

 

保育園の研修と立ち上げでてんやわんやになっていてPCに向かう時間がほとんど取れずにおりました。

 

しかし忙しいと言っても始発で通ってる人や終電まで働いている人に比べたら甘いものだと思います。

 

僕は今までそれくらいハードに働いたことがないのですぐにてんやわんやになってしまうのですが、普通にそういう状態に身を置いている人にとっては、例えば1日にアポイントが5件とか、会議が連続しているとか、そういうのを思えばそんなにはきつい状態ではないと思います。

 

保育園の仕事(研修と言う名の)はラストまでの遅番は終了して正職の人とほぼ同じ感じの朝から夕方までと変わりました。

 

きついすね 笑

 

朝の時間外から子供たちはテンションが高いのでついていけません。

唯一ほっとできるタイムはお昼寝タイムに入った後の数分で(保育園なので2時間くらいのお昼寝タイムがあります)、またノンストップの仕事が始まります。

 

とにかく全員、こまめに掃除をします。

この辺りも勉強になっているのですが、子供たちがご飯を食べたらイスを全部あげてモップがけ、子供たちのお昼寝中に教室の雑巾がけ、お昼寝が終わったら布団をしまってモップがけ、とかなり掃除しています。

 

おかげでいつでもきれいな園内です。

ただ、やはり女性メインの職場、軽い感じの掃除ではないんです。

例えて言うなら、戦前くらいの昭和の、女性の働きぶりと言いますか、それはもうテキパキと、目が回るくらいのハイスピードでテーブルを拭いて、イスを片っぱしから上げていき、即モップがけ、すぐにまたイスを戻すというような、ほうきを持って数秒立ち止まっていると「つるたせんせい、次は流しお願いします!」というかんじで、カルチャーショックでした。

 

子供たちが起きる前に片付けるなど時間も迫っているのもあり、とにかくノンストップです。

 

 

 

■せんせい

 

この自分なんぞが「せんせい」と呼ばれることにはいまだに抵抗があります。

しかし子供たちの前で「つるたさん」ではなんとなくピンとこないのでやはり「せんせい」になるのだと思います 笑

 

各クラスの担任レベルになるとまさにせんせいというかんじがしてきます。

 

普通に僕と「あの子はおもしろいですね〜」なんて話をしているときのトーンは普通の女性なかんじなんですが、直後「はい!お友達!今は何する時間?」というようなとき、声量はものすごく大きくてパンチの効いたトーンになります。

 

そのあたりも勉強させてもらってますが、ガチンコで言わないと、特にきくぐみさん(年長)になってくるとけっこう生意気な子もいますので、ところどころ締めていかないと収集がつかなくなるんです。

メリハリですね。

それがないと子供たちにお友達というかんじで向かってこられてしまうのです。

 

ベテランのせんせいは子ども同士でケンカしてるときなど、とても丁寧に怒っています。

 

まず当事者二人を立たせて面と向かって、目を見てそれぞれの理由を聞き、「じゃあ◯◯くんが悪いよね、わかる?」など子どもたちが理解するまで徹底的に言います。

 

そのとき子どもたちはせんせいから目線を外しません。

せんせいの本気が子どもたちに伝わっていないとこうなりません。

ふざける子はふざけ始めてしまいます。

 

厳しさと優しさと言いますか、そうして信頼関係をつくっていくんです。

今の僕のように、お友達やキャラクターではダメなんですね。

 

そのあたりを最近特に勉強させていただいています。

 

これはゆりぐみ、きくぐみでよく見かける風景で、ももさんやたんぽぽ(3歳以下)になってくると、叱り方も穏やかになってきます。

 

「◯◯ちゃん、だめでしょう?ね?わかった?」

 

のようにソフトに伝えます。

 

担任のせんせいもだいたいそんなかんじで分かれています。

 

ももさんやたんぽぽくみのせんせいは、本当にスウィートな色白でふくよかで、例えて言うならムーミンママのような、そういうせんせいで、きくくみになると大きな声の出せるかんじ、強さと愛情を持ったかんじと言いますか、そういう向き不向きもあるような部分も勉強になっています。

 

 

 

 

■あと3センチ

 

卒業シーズンもそろそろ終盤でしょうか。

 

保育園は施設の意味合い的にも卒業式は遅めだと思います。

保育園が早めに終わってしまったら保護者の方がお仕事にいけなくなってしまいますからね。

 

研修中の保育園で先日、ゆりぐみ(年中さん)主催のきくぐみ(年長さん)を送る食事会が開かれました。

 

ゆりぐみが厨房に入ってごはんを作って、きくぐみに食べてもらいながら催し物を楽しんでもらう、という内容です。

 

それぞれのクラスが内緒でいろいろ練習していました。

 

ももさん(2歳)は「はるですねはるですね〜あたまに花が咲きました」みたいな(笑)歌を送っていました。

 

とてもかわいらしくてほっこりいたしました。

 

 

 

ちゅーりっぷ、ゆりぐみみ(3歳4歳)は言葉でのメッセージ(贈る言葉)的なものでした。

 

「しょうがっこうにいっても、わすれないでね」というかんじで、こちらもほっこりハートウォーミングでした。

 

 

 

そしてそれらに対する、きくぐみさんからのアンサーソング、これがまた!

とても良かったんです。

 

あと3センチ、という曲をご存知でしょうか?

僕はもちろん知りませんでした。

 

ユーチューブのアクセス数からしてもあまり知られていない曲のようなかんじがします。

 

これが、じつはきてしまう曲だったんです。

 

電車の中や仕事中の方は気をつけてほしいと思います 笑

 

 

 

数日後に卒園するきくぐみさんがみんなからの歌やメッセージを受けた後、ステージに向かいました。

 

おともだちみんなに向かって、お返しにこの曲を歌ったんです。

 

 

 

 

 

あと3センチ

 

 

 

卒園間近の子たちが歌うというシチュエーション、涙くんさよなら的な涙腺系メロディー、もう少しな詩、涙を誘う素材が揃っているように思います。

 

 

 

「もう少し小学校に入るのは待っていましょうね、あと3センチ伸びるまで。」

 

ということなんですね 号泣

 

 

 

 

保育園とかには「にじ」やこのような曲がたくさんあるんですね。

 

涙腺系ソングスに弱い僕はこらえるのに必死でした。

 

ほかのせんせいにくらべたらみんなのことを知ったのは最近ですから、ここできてしまったらちょっとアレかな、と思ったので ”今回は” 耐えました 笑

 

一応まわりは確認しました、いつものように 笑

 

こんないい場面なのに大人はせんせいしかいないのがもったいない!

 

ぜひ保護者の方たちの前でも歌ってほしいと思いますが、それは僕の意識過剰でしょうか・・。

 

まわりのせんせいの様子は見てもわからなかったので(笑)、今回はこっそりとウルウルしてました 笑

 

他のせんせいもじつは「隠れウルウル」していたのかもしれません 笑

 

教室に戻ってから担任のせんせいに「さっきの曲とても良かったです!」と言ったら、

 

「動物がプロポーズする歌なんですよ、いいですよね。」とライトにお返事されましたが、これはあえて推してこないのだなと思いましたね 笑

 

さすがの老舗保育園、ツボをおさえていると思いました。

 

また、隠れた良い曲を知ってしまいました。

 

ですので、こちらを「突然ですが今日の一曲」とさせていただきました。

 

 

 

■満開

 

職場(研修の保育園)のさくらが本日、満開となりました!

迫力のある美しいさくらでした☆

 

さくらが満開になると風景全体がピンク色に色かぶりしたかんじになるのは目の錯覚か、それとも季節がパステルになってきたのか、とにかく春というかんじが心地よいですね。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

■そっくりさん

 

研修させてもらっている園で、なんとなくうちの子に似ているな、という子を見かけたんです。

 

チューリップ組だから同い年、なんとなく目が離れていて(笑)ちょっと独特(笑)、しかしスウィートな雰囲気、髪は少し明るい色でサーファーみたいな髪型 笑

 

性格も多分、負けず嫌いでなんとなく似てると思わせるような顔です。

 

気にし始めたら、かなり気になるようになってしまいました 笑

 

園庭で子供たちがどっと出てきた時、そんなかんじで一人に注目するとけっこうおもしろいことに気付きました 笑

 

そのそっくりさんは(笑)他の子と遊んでいるように見えてじつはあんまり遊んでないんです 笑

 

たいていの子は仲良しと何かを見つけたり、鬼ごっこしたりで遊ぶのですが、そのそっくりさんは、あまり群れません 笑

 

子供たちやせんせい、その人混みをぬうように園庭を縦横無尽に走り回っているんです。

 

そして、時折同じクラスの仲良しさんと目があうと、一緒に小山に登ったり、三輪車に乗ったりとちょっと絡みますが、群れません(笑)、すぐにまた縦横無尽に走り出すんです。

 

そしてまた、別の子と目が合うと、手のひらを上にして手招き「こっちこい」みたいな仕草をしてファイティングポーズ(笑)、相手が飛びついてきたらまた走り始めるんです 笑

 

多分、うちの子も通ってる園でこんなかんじなんじゃないだろうか、と思うと目が離せないくらいおもしろいです 笑

 

最近ではその子が将来どういう風になるのか、それが見られないと思うと寂しくなってしまいます 笑

 

先日はそのその子のママと会話するタイミングがありました。

 

ここしかねえ、と思って「かわいいですよね、うちの子とそっくりなんですよ」と言ったら、「会ってみたいですね〜」と言ってくれて、それが実現したらお互いの目線からのそっくりさんでかなりおもしろいことになりそうです!

 

 

 

群れないけどママは大好き。

 

このギャップ 笑

 

やっぱりこれくらいの子はかわいいですよね 笑

 

他の保育士の人とお話ししていて、やはりちゅーりっぷぐみ(年少さん)がかわいい盛りではないかということになりました。

 

ももさんの2歳ではまだ小さすぎて、年中さんになると少し大人に近づいてしまう。

 

これはどのせんせいも一致するところみたいです。

 

ですので3歳のお子さまをお持ちのかたがいたら、今、ですね!

 

今しかない時を楽しんでください!

 

 

 

そして先日の研修最後の日、「みんなに知られないで去ろう、それがSO COOL」と思ってラストの仕事を黙々とこなしていたのですが、突然主任のせんせいが、

 

「ひとり、きょうでやめてしまうせんせいがいます」

 

と子供たちに言いました。

 

「やばい」と思った僕はわざとらしく「えっ」と後ろを見たりしましたが、せんせいが目で手招きをしているのでみんなの前に立ちました。

 

みんなのまっすぐな目がこちらを見ていました。

 

「みじかいあいだでしたが、みんなにはたくさんのことをおしえてもらいました、ありがとうございました」

 

みんなの顔を順番に見ながら言い終えた時、嗚咽しそうになりましたがこらえました。

 

しかし次のみんなからの返事(多分だいたいお決まりになっているであろう返事)、声をそろえて大きな声での、

 

「ありがとうございました」

 

を聞いた瞬間涙が出てしまいました。

 

急いでポケットに入っていたマスクを着用、悟られないように仕事に戻る時、ちらっと見たら、子ども一人とせんせい一人の目がウルっているの発見。

 

僕はさりげなくマスクを目元まで上げて、去り際に男は涙を見せないかんじ、そこがちょっとCOOLでした。

 

 

 

 

 

保育園の仕事というのは、保護者の立場からだと子どもたちと遊んでいて楽しそうな場面がメインで目に入るのでラクそうに見えますが、とんでもなくハードな毎日でした。

 

〇劼匹發燭舛ら目が離せないので基本的にノンストップ

 

⊂錣房柴發鮴況蕕吠櫃燭覆韻譴个覆蕕覆

 

0愡劼箚のフォーメーションをお絵描き、絵本、お昼寝、行事などで毎回こまめに変えるのが体力勝負

 

い昼寝用のお布団をセットする仕事まである(旅館業的な)

 

ツが早くて夜が遅い

 

他にもハードな部分がたくさんありますが、それと引き換えにしても子供たちのピュアな気持ちに触れているとむしろこちらの心が浄化されていくような気持ちになるし、笑あり涙あり、マイハートに響くかんじの日々、これは確実に「楽しい」が「きつい」を上回っていました。

 

規律正しい園での研修はとても勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■昨年の8月

 

 

 

よっしゃ行こうぜ!

 

 

というかんじで作業に向かうのを楽しみにしているKIDS。

 

このテンションを忘れないようにカシャリしておきました 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

フゥ〜!笑

 

 

 

仮暮らしの日々も、それはそれで楽しかった。

 

今でもこちら方面の用事があるとつい寄ってしまいます。

 

 

 

この日の作業は丸太をクルマに詰め込んで家の逆サイドに移動!笑

 

 

iPhoneImage.png

 

積めるだけ積んでけ!笑

 

でもクルマの天井は汚したくない 笑

 

そろそろ軽トラが欲しい。

 

 

 

 

この丸太の使い道は・・

 

iPhoneImage.png

 

移植したあのいちょうの木のまわりに据え付けました。

 

ずれないようにセメントで固定。

 

この頃になるとKIDSはだいぶ用語を覚えてきました。

 

水糸、とか 笑

 

マニアック 笑

 

セメントのことは「セメントウ」と覚えてます 笑

 

それってお砂糖のあのお菓子と類似 笑

 

 

 

 

 

工事の人が誰もいなかったのでドアノブ取り付け前の穴から中を覗いてみる 笑

 

 

iPhoneImage.png

 

,△里任い脚立みたいなのが立てかけてある。

 

▲縫奪舛できていた。

 

手すりが激渋な色に塗られていた。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

また数日後に見てみると、外壁が塗られていました。

 

ネットが外れる日も近いと思いました。

 

前に星野さんが「ネットが外れた時がまたいいんですよ」と言っていたので、出来ればネットが外れる瞬間に立ち会うべく、

 

「足場解体監視強化体制」に入りました 笑

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


▲Page top