2018.06.10 Sunday

 

■芝刈り機を買いました☆

 

 

今まで草刈機(草払い機)でやってたのですが、ちょっと広さがあるのでなかなか大変でした。

 

そこで芝刈り専用の芝刈り機をGETしました!拍手!

 

 

980IMG_2772.jpg

 

めっちゃ均一に刈れる!

 

今まではさじ加減の難しかった刈り込みの高さも、これからは1cmから4cmまでの4段階をワンタッチで設定可能!

 

 

買うことになったきっかけは、近所の方が貸してくれた芝刈り機を試したことでした。

 

「草刈機じゃあ大変じゃろう」、とエンジン式のホンダ!まじもんの芝刈り機を貸してくれたのでした。

 

 

iPhoneImage.png

 

これは刺激的でした・・。

 

動輪がぐいぐい引っ張ってくれるのでラクラク、まるで自動運転システムのように30分くらい、あっという間に刈り込み完了してしまいました。

 

「オラ、これ欲しいぞ!」と速攻で価格コムを調べたところ、お高い・・。

 

「オラ、これ買えねえぞ・・」となりまして、ならば!

 

ウォーキング的な運動にもなるし、手動式でいいんじゃなかろうか、でも刈り幅が短いのだと草刈機の方がラクってことにならないだろうか、などいろいろと考えてサーチを重ねました。

 

手動式だと刈り幅が20cmくらいからがスタンダードで、それはキツそうだ・・と直感的に感じていました。

 

そしてたまにチェックしていた「芝生マスター」的なブログで、愛用している芝刈り機が手動、そして刈り幅40cm!

 

「ノボレットくんには満足です◎」と書いてあるのを見て、めちゃんこきれいな芝生を育てているマスターが言うのなら間違いなかろう!コレだ!

 

「オラもノボレットくん買うぞ!」となりました。

 

ホンダエンジン式の1/5くらいの価格でGETしました☆

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

かわいいノボレットくんの箱。

 

スウェーデン製です。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

正式名称「ノボレットくん540NEW」です。

 

こういうツール系を手に入れた時の喜びは大きいですね!

 

これから使い込むよ!という意欲込みでテンションが上がります☆

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

気になったのは、新品なのになぜ芝の刈りかすが混入しているか。

 

日本製じゃないからこういうところは気にしないものなのかな、と考えてみたりしました 笑

 

工場内にテストする場所があるんだろう、とか 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

説明書とおりに紙をはさんで切れ味を試してみました。

 

しゃりしゃりに切れて、ツール感がUPしました。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

オレンジ色も眩しいノボレットくんです。

 

刈り込みの高さは最高の4cm固定で使おうと思います。

 

長い方が踏んだ時のソフトタッチ感がいいですよね♪

 

五分刈りの頭とちょっと伸びた頭のタッチ感の違いと言えばわかりやすいでしょうか 笑

 

ノボレットくん、これからよろしくお願いします!!笑

 

 

 

 

■最近はまっているTV

 

 

気づいた時に「あれやってないの?」と探していた番組がありました。

 

寺門ジモンが肉を食べ歩く番組です。

 

ちょっとクセになるくらいおもしろくて、どうしちゃったんだろうと思っていました。

 

そして先日のスカパー無料デイについに見つけてしまいました!拍手!笑

 

フジテレビTWOでやってました 笑

 

初耳ですそんなチャンネル 笑

 

久しぶりに見たらいきなりジモン節全開でした 笑

 

 

iPhoneImage.png

 

「BEST COOK」

 

言いますからね、ジモンさん 笑

 

もうたまりません 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

この顔 笑

 

たいていこの後のけ反って美味しさを表現します 笑

 

すごく美味いと店長と握手します 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

「レモンを2滴かけてお召し上がりください」と言われた時にジモンさん。

 

「肉、本来の旨味を味わってちょていうこと」

 

 

これを見るためにスカパーに入るか本気で悩んでいます 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

もうひとつは所さんの「世田谷ベース」。

 

「この時代は良かったなあ」という場面 笑

 

めちゃくちゃかっこいいクルマとか出てくるんで毎回見てます。

 

あ、こちらはスカパーじゃなくて普通に見られる方(?)です。

 

詳しくなくてすいません 笑

 

いや、CSとかスカパーとかややこしいですよね実際 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

でもこの番組はマニアックすぎて、ついていけない部分がかなりあります 笑

 

この前は戦車のプラモデルで1時間終わってしまいました 笑

 

ぜんぜんおもしろくなかったです 笑

 

でもタモリ倶楽部なみにゆるい 笑

 

クルマのパーツをアロンアルファで止めて外れてまたやり直したり 笑

 

クセになります 笑

 

 

 

 

 

■最終チェック立会い

 

昨年9月、立会いの名前を忘れました 笑

 

すいません 笑

 

内容は「どこか変更点があったらこの時がラストですのでチェックして言ってくださいね」という立会いでした。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

自分の書いた設計がそのまま具体的に形になるのは本当に楽しかったです☆

 

「ここに窓つけちゃおうかしら」が本当に窓になってますからね 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

サニタリーからキッチンからリビング。

 

そう言えば設計段階でここのアーチについて。

 

「まるっこいアーチじゃなくてなるべく薄いアーチがいいです!」

 

と言ったところ、「薄すぎると施工ミスみたいになりますよ」

 

と言ってましたね 笑

 

「ではいい塩梅でお願いします 笑」となりました。

 

そういう細かい部分は往々にして任せた方がいいということで 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

保育ルームもかわいい壁紙「馬とギター」笑 が貼られました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

上の子はこういう時ほんとにおもしろいんですよ。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ずーっと上を見てます 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

一人になってもまだまだ見てます 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

くるくる回る羽根から目が離せなくなっていたのです 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

そしていなくなったと思ったらこんなところにいました 笑

 

 

 

■フェンスの材料

 

門柱と同時進行でフェンスもやらなければならなくなりました。

 

とにかく外構をお願いしていたら何も考えなくていいのですが、自分でやるにはとっとと材料から買わなければ進みません。

 

ジョイフル富里へ行こうぜ!

 

というかんじで 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ステンレスの杭は高い、木の杭は安い。

 

いろいろ考えて思いついた方法は「防腐処理の木の杭+防腐剤塗装+接地面コンクリート+上部とコンクリート接続をシリコンコーキング」という方法でした。

 

コンクリートとシリコンコーキングはウッドデッキなどでも大活躍することになりました。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

積めるだけ積んでけ 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

近所の人がくれたカブトムシ。

 

そろそろ夏の終わりが近づいている頃でした。

 

 

 

 

■今日の一曲

 

けんちゃんと僕が好きだった初期のストーンズですが、前回は二人が好きだったSittin on a fenceという曲をUPしまして、あの後もう一度ストーンズのドキュメンタリー映画を見たんです。

 

そして映画名と曲名がはっきりわかりました。

 

映画名は「Shine a Light 2008」で、映画の中で「昔の曲をやるよ、当時はやるのが恥ずかしかったら他の人にあげちゃった曲なんだ」と言って演った曲は「As tears go by」でした。

 

それから深夜にこっそり見るユーチューブは完全にストーンズになっていろいろ見ていたら、その映画の中のその曲を見つけました。

 

 

 

 

The Rolling Stones - As Tears Go By (Shine a light 2008)

 

午後の陽だまりの中 無邪気に遊ぶ子どもたち

座って眺める僕は涙を流す

 

子どもたちの歌声が聞きたいけれど 聞こえるのは雨音だけ

座って眺める僕は涙を流す

 

 

 

 

 

すべての子どもたちが幸せに暮らせる世の中になるようにと切に願います。

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2018.05.10 Thursday

 

お久しぶりです 笑

 

雨上がりの青空につられてブログを更新します 笑

 

前回の更新からだいたい1ヶ月ほどが過ぎました。

 

このペースが無理なくいいかもしれない・・なんて思ったりしてます。

 

 

 

じつのところ、ちょっと「保育園ロス」みたいなかんじになっていました 笑

 

 

 

それだけ研修させてもらった園での毎日はパンチが効いていたと、あとになって気付いてしまったかんじです。

 

 

 

 

先日、KIDS二人を連れて園にお賃金(笑)をもらいに行くという名目で遊びに行ってきました。

 

毎日のハートウォーミングな楽しかった日々が思い出されました。

 

 

 

僕がNOマスクで毎日風邪気味だった時、

 

「大丈夫です?私たちは免疫できてるけどつるたせんせいは免疫ないからね、無理しないでくださいね」

 

と、新しく来るとよくある話よ、みたいなかんじで言ってくれた主任のせんせい、すでに懐かしかったです 泣笑

 

 

 

 

「はい、おともだち!いまは何する時間?」と机をたたきそうな勢いでシャウトしていたせんせいが、未満児(専門用語で3歳未満)の担任になっていて、BABYをだっこして出てきてくれました。

 

 

 

思わず「あの頃と顔が全然違いますね」と正直に言ってしまいました 笑

 

 

 

 

「やだー目尻下がってるかしら?(爆)」、「がんばってくださいね」と言って奥に消えていきました 笑

 

 

 

 

歴史のある園で、園長先生が登場する時は厳格な雰囲気になり、働いている時は自分なんぞは近寄りがたいかんじだったのですが、この時は「どうですか?」などうちの園の方にも気にかけていただいて、帰る時はなんとクルマまで送っていただいて見えなくなるまで手を振ってくれました 泣

 

 

 

うちの下のKIDSがクルマの窓を開けて「園長バイバイ!」

 

 

 

と言った時には冷や汗ものでした 笑

 

 

 

やっぱりあの園はこんなに短い時間、訪問しただけなのに涙あり笑いありで、なんとも言えない良い雰囲気が全体を包んでいたのでした 泣

 

 

 

園でのあの日々を忘れずに頑張っていこうと思います☆

 

 

 

 

 

 

それとあの日々を思い出す出来事がもうひとつ。

 

KIDS(上)が先日小学校に入学しましたが、田舎の学校なので1年生は10人しかいません、その中になんとその園の卒園生が二人もいたんです。

 

 

入学式の日、教室に入るといきなり、「つるたせんせい!」と言われて驚きました 笑

 

 

あの「はい、おともだち!いまは何する時間?」のクラスにいた二人です 笑

 

 

名曲「あと3センチ」を歌ったクラスの二人です 泣

 

 

今後3人(うちのKIDSを入れて 笑)、まとめて大きくなっていくのが楽しみとなりました 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■DELTA

 

 

またヒコーキ写真の依頼がありました。

 

 

「デルタのパイロットだからこの写真をデスクトップに使いたい」ってほんとかな?爆

 

 

もしホントだったら。ということに賭けて(笑)添付して送りました。

 

 

もちろん「金はいらねえがデルタグッズ送れ」と書き添えました 笑

 

 

 

 

 

m_P5Y5038.jpg

 

Delta Air Lines Boeing 747-400 N662US

 

 

 

この頃は機体だけ選択して機体の色味は変えず、さくらや空のトーンは明るくするというような、ちょっとした裏技を使うようになってました。

 

 

 

今思うと「めんどくせえことしてたな」と思います 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■昨年9月のできごと

 

 

 

東急の星野さん(仮)が、「ネットが外れた時がいいですよ!」と言っていたので、足場が外れる瞬間に立ち会おうと逐一チェックをしていました 笑

 

 

 

しかしある日、現地に行ってみると足場とネットはあっけなく外されていました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

「あ〜もう外れてる!」

 

となりました 笑

 

当たり前ですが、この時はこのクリーム色が新鮮でしたが、今となってはもう見慣れて、ネットに覆われていた時が懐かしいです 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

芝の緑と外装のクリーム色、いいですね 笑

 

アースカラーのナチュラルテイストです 笑

 

 

 

 

木に囲まれているので、夕日が木の向こう側に落ちた時。

 

反対側の森などだけが部分的に夕日に照らされてフォトジェニックなかんじになります。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■工事の人がいなかったので

 

 

恒例の(笑)ドアノブの付いていない穴から覗いてみる 笑

 

 

 


iPhoneImage.png

 

順番に覗いてる場面はけっこうイカれてる 笑

 

 

 

ちょっとその場所代われと 笑

 

iPhoneImage.png

 

(瓢罎貼られていた。

 

巨大な脚立みたいなものが撤去されていた。

 

 

 

 

サイドの窓からも怪しく覗いてみる 笑

 

 

iPhoneImage.png

 

マイドリーミングが加速していた 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

■マリリンモンロー

 

 

 

iPhoneImage.png

 

完成予想図的なものをかんじていた 笑

 

 

 

 

 

なんだこのデジャブ的な配置は!


iPhoneImage.png

 

類似を感じていた 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

■適当

 

 

東急ホームズ提携のお店で家具を買うと住宅の一部扱い的な、大人の事情的なアレでツケ払い的な?となるので(笑)、家具だけ買いに横浜へフィードバック。

 

 

家具には知識も思い入れもないので・・、

 

 

iPhoneImage.png

 

これとこれと、

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

これとこれもくれ。

 

 

みないなかんじでちょっと感覚のマヒした大人買いを楽しんだ 笑

 

 

こんなお買い物、もう出来ない気がする 笑

 

 

これも大きなくくりで見ると星野さんのおかげで楽しめたのでした。

 

 

2時間ほど滞在してすぐ幼稚園のお迎えに向かった 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日の一曲

 

 

ちょっと人気のこのコーナー 笑

 

突然ですがここに入れ込んでみました 笑

 

 

 

ハタチの頃の音楽は今よりもませていました。

 

ローリングストーンズに夢中な時期がありました。

 

行きましたね、東京ドーム!

 

その頃の大親友「けんちゃん」と行きました 笑

 

けんちゃんは高校1年からの仲良しで、自分で言うのもアレですが(笑)僕はけっこうGtがうまいと広まっていて、けんちゃんはVoとして有名でした。

 

あくまで学校内レベルですけど 笑

 

あ、僕は学校内、けんちゃんは「学区内」レベルで有名でした 笑

 

けんちゃんはハイトーンボイスが持ち味で(笑)忌野清志郎的なスタイルで人気者でした。

 

で、よくお互いの家でギターやピアノを弾きながら曲を作ったりしていました。

 

ここだけの話、そのけんちゃんの元カノはあのマイリト◯ラバーのあっ◯ちゃんでした。

 

でも、けんちゃん、性格的にもけっこうぶっ飛んでましたので(笑)すぐにわかれてしまいました 爆

 

 

告白されて振られたので「遊ばれた」と言ってました 超爆

 

 

けんちゃんとは今でもたまに連絡したりしてますが、話す内容と言えば、時間を超越して(笑)やっぱりこの頃のストーンズの話や、トムペティの話なんかになるんです 笑

 

当時は恥ずかしげもなく、

 

「やっぱ初期のストーンズ、最高っしょ。」

 

とか言ってました 笑

 

 

 

「やっぱブライアンジョーンズの才能っしょ。」

 

とか、ひたすら言ってました 爆

 

 

ストーンズ東京ドーム公演も、そんなことを言い合いながら向かいました 笑

 

 

思い返すとうけますね、けんちゃんと僕 笑

 

知ったかぶりもはなはだしい 笑

 

彼との話はまた今度 笑

 

 

そんな僕たちが好きだった、初期のストーンズの名曲です。

 

 

 

 

Sittin on a fence / The Rolling Stones 

 

 

 

あ、なぜこんなことを思い出したのかというと、先日ストーンズのドキュメンタリー映画をTVで見たんです。

 

かっこよかったですね!

 

スタッフが「今日のセットリストまだか?」なんつって、「まだわかんないのか間に合わないぞ?」なんつって、幕が開いた瞬間に「セットリスト来たぞ!」、「1曲目!」

 

 

「Jumpin' Jack Flashだ!」

 

 

であのイントロ!

 

 

かっこよすぎてちょっとちびっちゃいましたね 爆

 

 

 

 

 

その映画の中で、ミックが「ちょっと昔の曲をやるよ」なんつって、「当時はやるのが恥ずかしくてさ、他の人にあげちゃった曲なんだ」なんつって、これ系の曲をやったわけですよ。

 

 

終わったあと、「いい曲だろ?」なんつって、かっこよすぎてしびれましたね 笑

 

 

そんなかんじで 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■門柱

 

 

いよいよネットも外されて、ネキストステップ、門柱のことで頭がいっぱいになっていました 笑

 

 

どんなのにしようかしら?と思って、いろいろ見ていてイメージはこんなかんじのにかたまってきていました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

低くて太めな 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

だいたいこんなかんじで。

 

 

 

 

ある日ジョイフル富里で大量のアンティークレンガが入荷していました。

 

Fromイングランド。

 

こういうのって古い教会なんかを壊した時、一個ずつきれいに取り外して船積みして持ってくるらしい。

 

うーん、渋い 笑

 

 

iPhoneImage.png

 

ちょと悩んで、数を数えて、言ってしまいましたね。

 

 

「全部くれ。」

 

 

 

と 爆

 

 

 

男は思い切りが肝心だろう? 笑

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

リアタイヤのアーチ見てくれよ!笑

 

めっちゃCOOL STYLE!

 

しかし残念なハイビーム!笑

 

 

 

 

 

どんなかんじが仮組みしてみました。

 

内装の人が、「おっ石窯ですか?」と。

 

内心、「石窯2個いらねーだろ」、と憤慨していました 笑

 

「ピザショップやるわけじゃないし」と 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

曲面のレンガも何個か混じっていて、「ちょっとまって・・これはいいかんじになるんじゃないのか・・」、とかなりワクワク感が高まっていきました 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ついでにフェンスもどんなかんじで、どんな高さにしようか・・、といろいろ並べたりしていました。

 

 

そんな9月でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

■地域限定

 

 

今のところネット広告はヤフー、グーグル、フェイスブックに出しています。

 

ライン@はLINEを使いこなしていないので要領がわからず勉強中です 笑

 

それしか出していないにもかかわらず「こういうところを探していました!」と言ってきてくれる方がいて、ありがたいことです。

 

感謝!

 

フェイスブックの広告はこんなかんじで出てきます。

 


iPhoneImage.png

 

 

成田市、富里市限定広告です。

 

見かけたらラッキー!くらいでよろしくお願いします 笑

 

 

 

明日は早朝からお子さまがいらっしゃいます。

 

早起きして頑張るぞ 笑

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2018.04.11 Wednesday

ひと段落したので気晴らしに更新します 笑

 

 

 

■QANTAS

 

 

 

昨日、airplane-pictures.net経由でリクエストが入りました。

 

カンタスからジェットスターの写真の依頼でした。

 

「ん?」と思いましたが2秒後に「系列か」と気付きました 笑

 

「Jetstar office wall graphic」に使いたいということが書いてありましたが、社内的な使用なのでしょうか。

 

以前からこのような使用方法での依頼がちょいちょいありました。

 

出来れば世に出る方がいいですけど、社内的なものでも、悪い気はしません 笑

 

 いつものように写真データと一緒に「QANTASのグッズが欲しい」と一筆書き添えました 笑

 

届いたらまたここで自慢しようと思います 笑

 

 

 

今回はこちらの写真でした。

 

 

 

スクリーンショット-2018-04-11-5.12.27-PM.jpg

 

https://www.airplane-pictures.net/photo/581958/jetstar-airways-boeing-787-8-dreamliner/

 

 

久しぶりにAPからコピペしようとしたら「右クリ禁止」になってるじゃないですか!

 

今までずっとそれでブログUPしてきたのに 笑

 

IE、クローム、サファリどれも「右クリ禁止」でコピー出来ませんでした。

 

こう言っちゃアレですが不便になりましたな 笑

 

元ネタをフォルダーから探すのは大変。

 

仕方ないので「スクショ」で対応しました 笑

 

自分の写真なのに 笑

 

 

 

 

 

 

 

■研修

 

 

保育園では、まだまだ教えてもらいたいことがたくさんありましたが、今月からこちらに定期預かりの予約が入ってしまったので、

ようやく1日の流れなどもわかってきてこれからがもっと楽しいと思っていたのですが泣く泣く研修終了とさせていただきました。

 

 

保育園での一部始終をここにまとめておこうと思います。

 

 

 

 

 

保育園の副園長さんは僕の思いをわかってくれて採用してくれました。

 

保育園では毎日、園庭で子供たちと駆け回って鬼ごっこをしたり縄跳びをしたりしています。

 

部屋では絵本を読んであげたり積み木で遊んだりしています。

 

こうして子供たちと遊びながら少しづつ子供たちの心を育てていく仕事というのは、「こんなにやりがいのある仕事があったのか!」と思うほど毎日が充実しています。

 

そしてこのかんじを、森の保育所の方にそのまま持ってきたいと思いながら、毎日勉強させてもらっています。

 

昨日は本当に小さい子の手洗いを手伝ってあげたら一生懸命「ちゅるたせんせありがと」と言ってニコニコしてくれました。

 

じーんと来ましたがそいうのの連続です><

 

研修と立ち上げの二本立てで目が回りそうですが頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

研修させていただいている保育園では上履きやジャージが必要ということで、急いで手配しました。

 

妻がベイシア富里に買い物に行くというので、ついでに買ってきてとお願いしました。

 

別リクエストはしなかったのですがちょっとパンチの効いた上履きが来ました。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

ちょ・・。

 

これ、山下清みたいにならないか?

 

と思ってしまうような一品でした。

 

そもそも大サイズのこのタイプ、売ってるの?と思いましたし、

 

せめてここはオールホワイトだろう?

 

と思いましたが、特別何も言いませんでした。

 

 

 

 

ジャージです。

 

これは絶対にストレートで、とお願いしました。

 

下がすぼまっているジャージだとパジャマみたいになってしまうからです。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

KAEPA USA。

 

980円

 

スポーツ系にあまり詳しくないとは言え、あまり聞いたことがなかったので不安になりました。

 

「ぱちもんじゃないだろうか・・」

 

頭をよぎりました。

 

しかし知らぬが仏、これもあまり気にせず使うことにしました。

 

 

 

 

今、研修中の保育園で、昨日はちょっと嬉しいことがありました。

 

些細な一言なんですけど、保護者の方が迎えに来た時、その方が言ってくれたんです。

 

「新しい先生と遊ぶのが楽しいって言ってすごい喜んでました、ありがとうございます。」

 

と言ってくれました。

 

今の僕にとっては何よりも嬉しい言葉でした。

 

 

 

研修中の保育園は夜は21時までやっているんです。

 

普通のお迎えが15時なのでそのあとはかなり長いです。

 

お迎えが遅くなる子はおやつの時間に軽食を食べます。

 

そして次々にお迎えが来て徐々に人数が減っていき、最後4人くらいになってくると小さい子でもなんとなく寂しそうなかんじになってきてかわいそうです。

 

玄関に誰かがくるとチャイムが鳴るんですが、みんな遊んでるおもちゃを放り投げて玄関に走ります。

 

そして自分のママだと飛びついて喜んで、自分のママではないと、「違った〜」と言って戻ってきます。

 

その時の寂しそうな表情は見ていてつらいものがあります。

 

かわいそうですが、「大人は一生懸命働かないといけないんだよ。」

 

と言うしか思いつきませんでした。

 

 

 

最後まで残る子はだいたい決まっているのですが、その子とは終盤たいていマンツーマンになって、二人ともお腹が空いているので好きな食べ物を言い合います。

 

「ちゃーはんとファミチキが好き。」と言うもんだから、思わずゴクリとしてしまいました 笑

 

「ファミチキ、おいしいよね!食べたいなあ。」

 

と言うと、「売ってないお店もあるんだよ。」

 

「それはがっかりだよね。」

 

というかんじで軽く盛り上がったりします 笑

 

食べ物の話が寂しさを紛らわすにはなんとなく良いような気がしています。

 

 

 

そしてその子のお迎えが来ると、そのあと掃除をして鍵をかけて、遅番の仕事はおしまいです。

 

仕事は昼から21時までぶっ通しです。

 

外構の作業では10時から17時までぶっ通しでやっていたので、そこで慣れていたので良かったのですが、それがなかったらちょっときつかったかもしれません。

 

ちょっと思ったのですが、スマホはロッカーに入れっぱなしなので、スマホとこんなに離れるのも今までなかったです。

 

今までの仕事は目の前にPC、左にはスマホでネット環境揃っていたのですが(笑)、ここまで離れるということは今までなかったので逆に新鮮です。

 

今の仕事中は忙しくてスマホのことなんて気にならないのですが、それは家に帰ってからもなんとなく良くなりました。

 

今まではけっこうスマホを見ながら子供と会話をしたりしていましたが、それがあまり無くなりました。

 

紙飛行機を作ったりすることもなかったので、家でも良い方向に向かっている気がします。

 

 

クラスの担任になるとものすごく忙しそうですが、僕はいろんなクラスを渡り歩いていろいろ勉強させてもらうというかんじなので、担任と違い怒ることもしませんし、そうするとまさにキャラクターみたいな位置づけになるのだと思います。

 

そんな日々を過ごしていると心に溜まった毒が抜けていくような気がします。

 

みんないい子です 涙

 

 

 

一人の子が毎回言ってくることがあるんです。

 

ハードな作業の時期は完全に痩せましたが、作業が楽になってから、リバウンドして若干お肉がついてきました。

 

するとその子は僕のお腹を見て、「あかちゃんはいってるの?」と絶対毎回5回くらいは聞いてきます。

 

毎回「たべすぎたー」とライトに答えますが、翌日もまた聞いてきます。

 

「ほんとうははいっているの?」

 

別にいやにはならないですが、ちょっとやせようと思います 笑

 

 

 

職員30人、子供たちは120人くらいと大規模なので、今まで単独の作業をしていた僕に襲いかかるものといえばなんでしょう。

 

はい、かぜなどの感染です。

 

かぜをひいてしまいました。

 

 

 

はじめのうちはタオリングでスイッチONしていたのですが、そうすると無防備な口もとから容赦なく入ってきたしまったようです。

 

これは非常にまずいと思い、自己防衛のためマスクを買いました。

 

翌日タオリング+マスクをロッカーの鏡で見たのですが、思った以上に露出部分が少なくて(目しか見えない)ダブル装着は無理だと思いました。

 

なので仕方なくタオリングのスイッチは当面の間中止としました。

 

 

 

噂が広まるのはとても早くて、一人に「風邪をひいてしまいました・・」と言ったところ、翌日には全員が知っている様子でした。

 

 

 

頻繁にブリーフィング的なものをしているので、

 

「◯◯くんが砂場で◯◯ちゃんの髪を引っ張りました、でも怪我はなかったようです。」

 

のような話の最後に、

 

「つるたせんせいが風邪気味です。」

 

というのを付け加えたのではないだろうかと想像しています。

 

しっかりとした園だと思うので、体調管理なども徹底しているので、そういう面からのことではないかと思います。

 

 

 

 

主任の方から「大丈夫です?私たちは免疫できてるけどつるたせんせいは免疫ないからね、無理しないでくださいね」

 

というかんじで、新しく来るとよくある話、みたいな雰囲気で声をかけていただきました。

 

 

 

保育園の研修と立ち上げでてんやわんやになっていてPCに向かう時間がほとんど取れずにおりました。

 

しかし忙しいと言っても始発で通ってる人や終電まで働いている人に比べたら甘いものだと思います。

 

僕は今までそれくらいハードに働いたことがないのですぐにてんやわんやになってしまうのですが、普通にそういう状態に身を置いている人にとっては、例えば1日にアポイントが5件とか、会議が連続しているとか、そういうのを思えばそんなにはきつい状態ではないと思います。

 

保育園の仕事(研修と言う名の)はラストまでの遅番は終了して正職の人とほぼ同じ感じの朝から夕方までと変わりました。

 

きついすね 笑

 

朝の時間外から子供たちはテンションが高いのでついていけません。

唯一ほっとできるタイムはお昼寝タイムに入った後の数分で(保育園なので2時間くらいのお昼寝タイムがあります)、またノンストップの仕事が始まります。

 

とにかく全員、こまめに掃除をします。

この辺りも勉強になっているのですが、子供たちがご飯を食べたらイスを全部あげてモップがけ、子供たちのお昼寝中に教室の雑巾がけ、お昼寝が終わったら布団をしまってモップがけ、とかなり掃除しています。

 

おかげでいつでもきれいな園内です。

ただ、やはり女性メインの職場、軽い感じの掃除ではないんです。

例えて言うなら、戦前くらいの昭和の、女性の働きぶりと言いますか、それはもうテキパキと、目が回るくらいのハイスピードでテーブルを拭いて、イスを片っぱしから上げていき、即モップがけ、すぐにまたイスを戻すというような、ほうきを持って数秒立ち止まっていると「つるたせんせい、次は流しお願いします!」というかんじで、カルチャーショックでした。

 

子供たちが起きる前に片付けるなど時間も迫っているのもあり、とにかくノンストップです。

 

 

 

■せんせい

 

この自分なんぞが「せんせい」と呼ばれることにはいまだに抵抗があります。

しかし子供たちの前で「つるたさん」ではなんとなくピンとこないのでやはり「せんせい」になるのだと思います 笑

 

各クラスの担任レベルになるとまさにせんせいというかんじがしてきます。

 

普通に僕と「あの子はおもしろいですね〜」なんて話をしているときのトーンは普通の女性なかんじなんですが、直後「はい!お友達!今は何する時間?」というようなとき、声量はものすごく大きくてパンチの効いたトーンになります。

 

そのあたりも勉強させてもらってますが、ガチンコで言わないと、特にきくぐみさん(年長)になってくるとけっこう生意気な子もいますので、ところどころ締めていかないと収集がつかなくなるんです。

メリハリですね。

それがないと子供たちにお友達というかんじで向かってこられてしまうのです。

 

ベテランのせんせいは子ども同士でケンカしてるときなど、とても丁寧に怒っています。

 

まず当事者二人を立たせて面と向かって、目を見てそれぞれの理由を聞き、「じゃあ◯◯くんが悪いよね、わかる?」など子どもたちが理解するまで徹底的に言います。

 

そのとき子どもたちはせんせいから目線を外しません。

せんせいの本気が子どもたちに伝わっていないとこうなりません。

ふざける子はふざけ始めてしまいます。

 

厳しさと優しさと言いますか、そうして信頼関係をつくっていくんです。

今の僕のように、お友達やキャラクターではダメなんですね。

 

そのあたりを最近特に勉強させていただいています。

 

これはゆりぐみ、きくぐみでよく見かける風景で、ももさんやたんぽぽ(3歳以下)になってくると、叱り方も穏やかになってきます。

 

「◯◯ちゃん、だめでしょう?ね?わかった?」

 

のようにソフトに伝えます。

 

担任のせんせいもだいたいそんなかんじで分かれています。

 

ももさんやたんぽぽくみのせんせいは、本当にスウィートな色白でふくよかで、例えて言うならムーミンママのような、そういうせんせいで、きくくみになると大きな声の出せるかんじ、強さと愛情を持ったかんじと言いますか、そういう向き不向きもあるような部分も勉強になっています。

 

 

 

 

■あと3センチ

 

卒業シーズンもそろそろ終盤でしょうか。

 

保育園は施設の意味合い的にも卒業式は遅めだと思います。

保育園が早めに終わってしまったら保護者の方がお仕事にいけなくなってしまいますからね。

 

研修中の保育園で先日、ゆりぐみ(年中さん)主催のきくぐみ(年長さん)を送る食事会が開かれました。

 

ゆりぐみが厨房に入ってごはんを作って、きくぐみに食べてもらいながら催し物を楽しんでもらう、という内容です。

 

それぞれのクラスが内緒でいろいろ練習していました。

 

ももさん(2歳)は「はるですねはるですね〜あたまに花が咲きました」みたいな(笑)歌を送っていました。

 

とてもかわいらしくてほっこりいたしました。

 

 

 

ちゅーりっぷ、ゆりぐみみ(3歳4歳)は言葉でのメッセージ(贈る言葉)的なものでした。

 

「しょうがっこうにいっても、わすれないでね」というかんじで、こちらもほっこりハートウォーミングでした。

 

 

 

そしてそれらに対する、きくぐみさんからのアンサーソング、これがまた!

とても良かったんです。

 

あと3センチ、という曲をご存知でしょうか?

僕はもちろん知りませんでした。

 

ユーチューブのアクセス数からしてもあまり知られていない曲のようなかんじがします。

 

これが、じつはきてしまう曲だったんです。

 

電車の中や仕事中の方は気をつけてほしいと思います 笑

 

 

 

数日後に卒園するきくぐみさんがみんなからの歌やメッセージを受けた後、ステージに向かいました。

 

おともだちみんなに向かって、お返しにこの曲を歌ったんです。

 

 

 

 

 

あと3センチ

 

 

 

卒園間近の子たちが歌うというシチュエーション、涙くんさよなら的な涙腺系メロディー、もう少しな詩、涙を誘う素材が揃っているように思います。

 

 

 

「もう少し小学校に入るのは待っていましょうね、あと3センチ伸びるまで。」

 

ということなんですね 号泣

 

 

 

 

保育園とかには「にじ」やこのような曲がたくさんあるんですね。

 

涙腺系ソングスに弱い僕はこらえるのに必死でした。

 

ほかのせんせいにくらべたらみんなのことを知ったのは最近ですから、ここできてしまったらちょっとアレかな、と思ったので ”今回は” 耐えました 笑

 

一応まわりは確認しました、いつものように 笑

 

こんないい場面なのに大人はせんせいしかいないのがもったいない!

 

ぜひ保護者の方たちの前でも歌ってほしいと思いますが、それは僕の意識過剰でしょうか・・。

 

まわりのせんせいの様子は見てもわからなかったので(笑)、今回はこっそりとウルウルしてました 笑

 

他のせんせいもじつは「隠れウルウル」していたのかもしれません 笑

 

教室に戻ってから担任のせんせいに「さっきの曲とても良かったです!」と言ったら、

 

「動物がプロポーズする歌なんですよ、いいですよね。」とライトにお返事されましたが、これはあえて推してこないのだなと思いましたね 笑

 

さすがの老舗保育園、ツボをおさえていると思いました。

 

また、隠れた良い曲を知ってしまいました。

 

ですので、こちらを「突然ですが今日の一曲」とさせていただきました。

 

 

 

■満開

 

職場(研修の保育園)のさくらが本日、満開となりました!

迫力のある美しいさくらでした☆

 

さくらが満開になると風景全体がピンク色に色かぶりしたかんじになるのは目の錯覚か、それとも季節がパステルになってきたのか、とにかく春というかんじが心地よいですね。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

■そっくりさん

 

研修させてもらっている園で、なんとなくうちの子に似ているな、という子を見かけたんです。

 

チューリップ組だから同い年、なんとなく目が離れていて(笑)ちょっと独特(笑)、しかしスウィートな雰囲気、髪は少し明るい色でサーファーみたいな髪型 笑

 

性格も多分、負けず嫌いでなんとなく似てると思わせるような顔です。

 

気にし始めたら、かなり気になるようになってしまいました 笑

 

園庭で子供たちがどっと出てきた時、そんなかんじで一人に注目するとけっこうおもしろいことに気付きました 笑

 

そのそっくりさんは(笑)他の子と遊んでいるように見えてじつはあんまり遊んでないんです 笑

 

たいていの子は仲良しと何かを見つけたり、鬼ごっこしたりで遊ぶのですが、そのそっくりさんは、あまり群れません 笑

 

子供たちやせんせい、その人混みをぬうように園庭を縦横無尽に走り回っているんです。

 

そして、時折同じクラスの仲良しさんと目があうと、一緒に小山に登ったり、三輪車に乗ったりとちょっと絡みますが、群れません(笑)、すぐにまた縦横無尽に走り出すんです。

 

そしてまた、別の子と目が合うと、手のひらを上にして手招き「こっちこい」みたいな仕草をしてファイティングポーズ(笑)、相手が飛びついてきたらまた走り始めるんです 笑

 

多分、うちの子も通ってる園でこんなかんじなんじゃないだろうか、と思うと目が離せないくらいおもしろいです 笑

 

最近ではその子が将来どういう風になるのか、それが見られないと思うと寂しくなってしまいます 笑

 

先日はそのその子のママと会話するタイミングがありました。

 

ここしかねえ、と思って「かわいいですよね、うちの子とそっくりなんですよ」と言ったら、「会ってみたいですね〜」と言ってくれて、それが実現したらお互いの目線からのそっくりさんでかなりおもしろいことになりそうです!

 

 

 

群れないけどママは大好き。

 

このギャップ 笑

 

やっぱりこれくらいの子はかわいいですよね 笑

 

他の保育士の人とお話ししていて、やはりちゅーりっぷぐみ(年少さん)がかわいい盛りではないかということになりました。

 

ももさんの2歳ではまだ小さすぎて、年中さんになると少し大人に近づいてしまう。

 

これはどのせんせいも一致するところみたいです。

 

ですので3歳のお子さまをお持ちのかたがいたら、今、ですね!

 

今しかない時を楽しんでください!

 

 

 

そして先日の研修最後の日、「みんなに知られないで去ろう、それがSO COOL」と思ってラストの仕事を黙々とこなしていたのですが、突然主任のせんせいが、

 

「ひとり、きょうでやめてしまうせんせいがいます」

 

と子供たちに言いました。

 

「やばい」と思った僕はわざとらしく「えっ」と後ろを見たりしましたが、せんせいが目で手招きをしているのでみんなの前に立ちました。

 

みんなのまっすぐな目がこちらを見ていました。

 

「みじかいあいだでしたが、みんなにはたくさんのことをおしえてもらいました、ありがとうございました」

 

みんなの顔を順番に見ながら言い終えた時、嗚咽しそうになりましたがこらえました。

 

しかし次のみんなからの返事(多分だいたいお決まりになっているであろう返事)、声をそろえて大きな声での、

 

「ありがとうございました」

 

を聞いた瞬間涙が出てしまいました。

 

急いでポケットに入っていたマスクを着用、悟られないように仕事に戻る時、ちらっと見たら、子ども一人とせんせい一人の目がウルっているの発見。

 

僕はさりげなくマスクを目元まで上げて、去り際に男は涙を見せないかんじ、そこがちょっとCOOLでした。

 

 

 

 

 

保育園の仕事というのは、保護者の立場からだと子どもたちと遊んでいて楽しそうな場面がメインで目に入るのでラクそうに見えますが、とんでもなくハードな毎日でした。

 

〇劼匹發燭舛ら目が離せないので基本的にノンストップ

 

⊂錣房柴發鮴況蕕吠櫃燭覆韻譴个覆蕕覆

 

0愡劼箚のフォーメーションをお絵描き、絵本、お昼寝、行事などで毎回こまめに変えるのが体力勝負

 

い昼寝用のお布団をセットする仕事まである(旅館業的な)

 

ツが早くて夜が遅い

 

他にもハードな部分がたくさんありますが、それと引き換えにしても子供たちのピュアな気持ちに触れているとむしろこちらの心が浄化されていくような気持ちになるし、笑あり涙あり、マイハートに響くかんじの日々、これは確実に「楽しい」が「きつい」を上回っていました。

 

規律正しい園での研修はとても勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■昨年の8月

 

 

 

よっしゃ行こうぜ!

 

 

というかんじで作業に向かうのを楽しみにしているKIDS。

 

このテンションを忘れないようにカシャリしておきました 笑

 

 

 

iPhoneImage.png

 

フゥ〜!笑

 

 

 

仮暮らしの日々も、それはそれで楽しかった。

 

今でもこちら方面の用事があるとつい寄ってしまいます。

 

 

 

この日の作業は丸太をクルマに詰め込んで家の逆サイドに移動!笑

 

 

iPhoneImage.png

 

積めるだけ積んでけ!笑

 

でもクルマの天井は汚したくない 笑

 

そろそろ軽トラが欲しい。

 

 

 

 

この丸太の使い道は・・

 

iPhoneImage.png

 

移植したあのいちょうの木のまわりに据え付けました。

 

ずれないようにセメントで固定。

 

この頃になるとKIDSはだいぶ用語を覚えてきました。

 

水糸、とか 笑

 

マニアック 笑

 

セメントのことは「セメントウ」と覚えてます 笑

 

それってお砂糖のあのお菓子と類似 笑

 

 

 

 

 

工事の人が誰もいなかったのでドアノブ取り付け前の穴から中を覗いてみる 笑

 

 

iPhoneImage.png

 

,△里任い脚立みたいなのが立てかけてある。

 

▲縫奪舛できていた。

 

手すりが激渋な色に塗られていた。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

また数日後に見てみると、外壁が塗られていました。

 

ネットが外れる日も近いと思いました。

 

前に星野さんが「ネットが外れた時がまたいいんですよ」と言っていたので、出来ればネットが外れる瞬間に立ち会うべく、

 

「足場解体監視強化体制」に入りました 笑

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2018.04.08 Sunday

 

今日は行政申請用のエクセル書類がひと段落したので、気晴らしにUPしたいと思います。

 

 

先月末くらいは「ブルームーン」でしたね!

 

 

なんでも「ブルームーン」ていうのはその月に2度目の満月、ということで、それって名前負けしてますよね!笑

 

 

僕もよく名前負けしてると言われてましたが 笑

 

 

勝手に「福山雅治」的なものを思われるのはいい迷惑ですね 笑

 

 

「ちいにいちゃん」役でしたからね 笑

 

 

そんなことは置いといて、その「ブルームーン」、満月だから普通に明るいんですよね。

 

 

夜なのに妙に空が明るかったんで、これまたひさしびりに「ナイトショット」を撮りました!

 

 

 

 

1230IMG_1589.jpg

 

芝生に森の影が落ちているのがなかなか良かったです。

 

高感度だとこういうかんじが気軽に撮れていいですよね。

 

ISO3200 SS1/20くらいでしょうか。

 

以前はよく使った設定でした。

 

SSがこれ以上スローになると流した方が歩どまるということも知っています 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

■整地の日々

 

 

また昨年の夏に戻ります 笑

 

リビエラが猛烈な勢いで伸びてきたので(西洋芝はそういうかんじらしい)、この頃は草刈りに夢中でした 笑

 

この2枚も、これから草刈り(芝刈り)に向かいますぞ!という場面でカシャリしました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

幼稚園が夏休み中のKIDS。

 

二人が未就学時(ナウな専門用語でいうところの 笑)なのも、KIDS(上)が小学生になったので、もう終わってしまいました。

 

明日からKIDS(下)はちょっとかわいそうです。

 

今まで一緒に通っていたKIDS(上)と一緒に幼稚園に行けません!

 

それを知ってか知らずか、家での二人のテンションはものすごいことになっています。

 

共同作業でソファーを解体したり。

 

 

 

その度にこっちはブチ切れています 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

僕が草刈りに向かう場面です 笑

 

持っているのはもちろん草刈り機です 笑

 

ビーチクシクヨロってかんじになってますが気にしないでください 笑

 

 

 

バッグに付いているタグは、懐かしい!

 

僕が羽田のハイアマチュアのみなさまに初めてお会いした日にいただいたタグです。

 

記念に付けています。

 

後ろにいた人がイカロスの編集長さんでびっくらこいたのもあの日でした。

 

あの日の写真もちょっと探してきます!

 

ちょっとブログの検索機能を消してしまったので手こずっています 笑

 

まずはANAジャンボ ラストフライトから日にちを探ってみます!

 

と思ってブログを遡っているうちに、かなり久しぶりに過去の写真を見てこんなこと書いていいかわかりませんが、正直なところ、「僕ってこんなにいい写真撮ってたんだ」と思って驚きました 笑

 

気づかないうちに拍手もいっぱいいただいていて驚きました!

 

ありがとうございます!

 

 

 

そしてようやく見つけたあの日の写真をがこちらです!

 

 

 

 

 

20140401_564704.jpg

 

あれっ!

 

 

 

あまり良くないな 爆

 

 

 

 

ちょっとアレですが、探してる途中にいいのがいっぱいありすぎたかんじがします 笑

 

 

 

 

しかしこの日はみなさんに会えて、みなさんの仲間入りをさせていただいたことが嬉しかったのでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■階段

 

巨大な脚立のようなのものが付いていた階段ですが、いよいよ、最終段階に来て製作が始まりました!

 

 

この日は職人さんが6人くらい入っていて、「いよいよ大詰め」なかんじが素人目にもしていました。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

どうも、階段専門の職人さんがやってくれてるようでした。

 

これははっきり言って楽しそう!

 

パーツも小さいし全体の大きさも良さそうだし、完成したときの満足感がありそうです。

 

そしてあのでかい水平器、とてもロングなのに目盛が小さくて、かなり水平取れそうだと思いました。

 

プロツールに注目してしまいます。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

見事な職人技でした。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ナイスな内窓も付いていました。

 

 

 

この頃は僕の育てた芝の方も、小まめな手入れのおかげで、かなりビューティーなかんじに仕上がってきていました。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

この分厚いカーペットをペタンと置いたようなかんじ!

 

なかなかのふかふかでした 笑

 

 

 

 

 

 

 

■ちょっといいことば

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

自分は楽しんでいるかな・・。

 

 

今みたいにビアで酔ってゴキゲンな時はいいけど(笑)、全部が全部楽しめてはいないかな。

 

基本的にここには良いところしか書かないけど、マイハート的にキツイ部分も多々あります。

 

そんなこと愚痴ってもしょうがないので愚痴りませんけど 笑

 

 

 

 

 

ここがオープン以来、今までは一時預かり(兼研修)でやってきましたが、いよいよ明日から定期預かりのお子さまがいらっしゃいます!

 

その子の心が大きく育ちますように!

 

やれるだけのことはやってあげたいと思います!

 

 

 

 

 

ではまた 笑

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2018.04.03 Tuesday

 

何から書いたらいいのか、いろんなことがてんこもりになってきて頭の整理が追いつきませんが、とりあえず書いておきたいと思います。

 

 

 

 

■さくら

 

 

 

うちの場所は「あの有名な」さくらの山PARKからほど近いのですが、さくらの山PARKは先週末、満開でかなり賑わっていたようです。

 

 

僕もちょっと行きたかったのですが、スケジュールが立て込んでいるといっぱいいっぱいになりやすい自分、せっかくの春の日なのに事務処理に追われていました。

 

 

うちの庭にもさくらの木を一本、昨年の秋頃に植えました。

 

 

さくらの木ってやはりちょっと特殊なんですかね、植えた数週間後、そのさくらの木を見ると葉の裏側にびっしりと虫が・・。

 

見た瞬間凍り付きました。

 

スーパー気持ち悪かったのですが、フリーズした手で出来る限りその葉の裏側にはびこった虫を取り除きましたが、取っても取っても取りきれずに、数日後さくらの木の葉は食い散らかされて丸ハゲにされてしまいました。

 

 

もうこのまま枯れてしまうのだろう、と思って諦めていたのですが、その木はこの春花を咲かせてくれました。

 

 

 

 

1230IMG_1612.jpg

 

 

嬉しかったです!

 

 

頑張ってくれました!

 

 

満開のさくらというのは本当に素晴らしいものです。

 

毎春訪れていたさくらの山も、研修させていただいていた園のさくらも、それは「咲き誇る」という言葉が当てはまるような素晴らしい咲き方でした。

 

 

それに比べてうちのさくらの木、素朴でした。

 

 

 

 

 

1230IMG_1609.jpg

 

 

花の数は3つ。

 

しかし、咲いてくれたことが嬉しい。

 

 

うちの園、相応の、まだまだ駆け出しのさくらでした。

 

 

来年は、もっと花を咲かせてくれると思うのと同時に、僕も頑張って園の方をですね、この木と同じように大きく育てたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、成田空港勤務の方から長期契約の申し込みをいただきました。

 

「託児所なのに長期の契約は申し訳ない」と言ったところ、「こういうところを見つけられて本当に嬉しい」とおっしゃっていただけました。

 

こちらこそとっても嬉しかったです!

 

保育園の前くらいの年齢の子どもを少人数で自然の中でのびのびと、そして常駐の保育士のいること。

 

保育士を確保するのが難しいこのご時世、本当に良かったです。

 

 

 

この僕が保育士で良かった。

 

 

 

僕の想いに賛同してくれる人が多くいて、とてもありがたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■開拓

 

 

その方が見学に来た際、「ちょっと森を開拓しました」と言ったら驚いていました。

 

驚きますよね、開拓。

 

 

この頃も、もちろん理想の園を目指してチェーンソーを握っていました。

 

 

目標があるっていうのは、無意識に頑張れてしまうものです。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

大量の丸太。

 

フェンスで使おうと考えていました。

 

でも、これを並べたら子供たちは丸太の上をアスレチックのように歩いて遊ぶだろうな、とは思っていました。

 

最近預かる子が4歳以上だと、間違いなくアスレチックのように歩いて遊びます。

 

子供たちのウケが良いので丸太が低いところだけ、ちょっと遊んでいいようにしようと思っています。

 

背の高い丸太は危ないので「うさぎちゃん」なんかの置物を置いて(固定して)登らないようにしておこうと思います。

 

 

※豆知識 チェーンソーの刃はソーチェーンと言います 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

 

ちょっと小耳に挟んだ話によると、最近の欧州の研究では「自然の中の少しだけ危ない環境」というのは心の発達に非常に良いそうです。

 

元々そういうのを子供たちは楽しみますよね。

 

これって要は冒険ということですね。

 

うちの子でその度合いを確かめながら(笑)でももちろん安全に、子供たちの冒険に生かしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■冒険

 

 

これもどこまで進んだかわからないくらい間が空いてしまいましたが、確かコンセントや照明の位置などを確認する日、内部は石膏ボードが貼られていました。

 

 

よく建築現場から「バスンバスン」という音って、これだったんですね。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

これもちょっとした冒険なかんじが 笑

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

これは明らかに冒険を楽しんでいる目だ 笑

 

ワクワク感が出ちゃってます 笑

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

そこは吹き抜け(ミニマムな)だから危ない。

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ラベル、記念にもらっておけば良かった。

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

外はラップサイディングが貼られました。

 

ようやく完成に近づいてきてるようなかんじがしました。

 

明治時代の学び舎っぽいかんじがじつにいいです(勝手なイメージですが) 笑

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

夏の夕暮れは遅いです。

 

19時とかですよね。

 

大工さんは遅くまで頑張ってくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■サーキット

 

 

 

起業クラウドファンディングの募集が先月末で終了しました。

 

ぼくの保育園の研修期間と重なっているのもあって、うまくケアができず、目標金額に達成せず不成立となりました。

 

不成立になると支援金は引き落とされません。

 

「無かったこと」になります。

 

ご支援いただいた方には、それぞれの方にそれぞれの生活があるところを、この僕の想いに賛同してくれてその大切なお金を託してくれようとしたことは、本当にありがたいことでした。

 

さらには頑張れ!というメッセージまでいただいて、サザン風に言うと「泣き濡れる」ほどにありがたいことでした。

 

今回の件は不成立になりましたが、いただいたメッセージはレディフォーのマイページが消える前にとっととプリントアウトして保存してます!

 

もう、これはお金より大切なものとして、心が折れそうになったら読ませていただきます 泣

 

僕なんかよりよっぽどお忙しい方たちなのに、お振込の手続きなどしていただいて、本当に申し訳ありませんでした。

 

本当にありがとうございました><

 

 

 

 

 

今回、その中で「例えば」この友人。

 

僕と同じく何かに向かって突っ走っているのは知っていたのですが、その方はバイキーの草レースが好きで、でも今は突っ走っている最中なのでサーキットで走ることもできない、と嘆いていました。

 

 

なのに、今回その友人はそんな状況なのに、僕の方に支援してくれんたですよ 泣

 

 

自分だったら、自分が今の状況から他人を支援なんてできません。

 

この人の名前を見た時「なんでだよ・・」と思ってしまいました。

 

 

 

 

絶対に、このお気持ちの恩返しはしたいと思います!(鶴だけに)

 

 

 

 

ちなみにこの方、僕のサーフィン時代の友人の「神様」のバイキーフレンズで二人がサーキットをトレースしてるのを何度か見に行ったことがあります。

 

すごいんですよ・・。

 

 

 

 

そしてこの友人ですがつい先日、我慢していたサーキットに久しぶりに参戦してきたのをブログで見ました。

 

ブログにトレースシーンも載っていました。

 

 

 

 

 

 

まったく違う分野ですけど、なんか来るものがあります。

 

 

フゥ〜、って言いたくなっちゃうと言いますか。

 

 

やっぱり人が頑張っている姿を見ると来るものがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

■ここで今日の一曲

 

 

サーキットといえば「ショートサーキット」。

 

じつは僕は以前からショートサーキットの隠れファン(ファンというよりちょっと好きなくらい)でした。

 

しかしなんか当時は好きなバンドの派閥みたいのがあって(笑)、なかなか言い出せず、今回初公開します 笑

 

 

 

 

 

 

昔はよくサーフィンをしに伊豆の先端にある多々戸や入田という、白い砂に青い海という妙にロケーションの良い場所によく行っていました。

 

 

飲み会なんかで「え〜行ってみたい」なんていうガールズをたまに連れて行ったりしていました(言っとくけど昔です 時効 笑)

 

 

あの頃はけっこう気分的にノリノリでした 笑

 

 

「タオル持って待ってて」みたいなかんじでした 笑

 

 

この曲を聞くとそんな時代を思い出すんです。

 

 

なんか楽しい「ノリ」で聞いていたミュージックです。

 

 

洗練された音よりも粗いかんじがまたはまるんですね、こういうのは。

 

 

そんなかんじで抜けの良い気持ちいいかんじです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなある時、伊豆の山奥で思い切って助手席のシートを倒したらひっぱたかれたことがありました 爆

 

その時もこの曲が流れてました(実話ですが時効です) 笑

 

 

そのあと横浜まで帰るのが長かった 笑

 

伊豆の帰りってとっても混んでますし 笑

 

この曲を聞くと、あの頃のそんな気持ちと潮の香り、そしてボインちゃんを思い出すんです。

 

 

今回、サーキットつながりで思わず書いてしまいましたが、この部分は消す可能性が高いです 笑

 

 

失礼しました 笑

 

 

 

 

 

でもひとつ、こういう抜けた気持ちっていうのはとても重要なんじゃないかなって思うんです。

 

 

 

自分で楽しいことを見つけ出すことって大事だと思うんですよね。(これはどうかと思いますが 笑)

 

 

少なくともフェイスブックなんかで誰かの陰口なんかを書いているよりは良いのではないかと思っています。

 

 

なんつってね 笑

 

 

 

ではまた 笑

 

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2018.02.28 Wednesday

 

 

■マイドリーミング

 

 

1年位前、僕は突然ネット上から消えていなくなりましたが、その時にも理由は「マイドリーミング」、

 

横浜から出る時もマイドリーミング、

 

星野さんにもマイドリーミング、

 

10tダンプの時も、リビエラの種まきの時も・・。

 

長らく非公開で引っ張ってきてしまいすみませんでした。

 

なんのことやらで申し訳なかったです。

 

その「マイドリーミング」、ようやく今回、公開させていただきます。

 

 

 

 

 

 

緑いっぱいの中で子供たちを育てたい、子供たちと良い音楽を一緒に歌いたい、そういう環境で子供たちの心を育てたい。

 

 

 

 

マイドリーミングとは、「保育園を立ち上げる」ということでした。

 

 

 

 

なんとなく向いてそうだな、と気付いたのは20年以上前、完全に向いていると思ったのは5年前、行動に変えたのは2年前でした。

 

以前に書いた資格とは保育士資格のことで、ちょっと前の赤十字講習は幼児安全法の講習でした。

 

立ち上げた保育園ですが、名前は「成田 森の保育所」です。

 

ホームページが昨日、完成しました。

 

 

 

スクリーンショット-2018-02-27-11.53.24-AM.jpg

 

 

http://morinohoikusyo.jp/

 

 

 

 

 

 

ただいきなりの保育園運営は無理ですので、地元の保育園で修行しながら、まずは託児所からスタートしました。

 

今は成田で一番古くからやっている保育園で修行、と言いながら働かせてもらっています。

 

きっかけは、こちらとしても気後れする部分がありましたので、ダメもとで遠慮がちにお伺いした時でした。

 

副園長先生に立ち上げのことや資格のこと、森のこと、ピアノのことなど、こちらの熱い意思(ドリーミング)をお伝えしました。

 

そしたら副園長先生が、突然現れたおっさん(普通ならアウトであると容易に想像がつく場面)であるこの僕の考えに、賛同してくれたのです!

 

 

「逆に自信を持ってやりなさい」

 

 

と言ってくれました。

 

もう、本当に、マイドリーミングに協力してくれる人ばかりで涙が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この土地の売主さん、東急の星野さん、設計さん、大工さん、重機関係のひと、建材屋さん、地元の通りすがりの人、ミッキーの子供用時計をくれた友達、早々と起業クラウドファンディングに応援してくれた友達、頑張ってとメッセージをくれた友達、そして副園長先生。

 

みなさんがここのリビエラ(僕の育てた西洋芝)の上で、子供たちが走り回ったりハイハイしたりするのを想像して協力してくれてるのだと思うと余計に泣けてきます。

 

ついでに大きい部分のご協力というのがどれくらいのパワーだったかというと、これだけ広い園庭と換気などの設備を揃えた建物、合計で以前僕が住んでいた横浜の相鉄ウエストバレー地区で駐車場1台で庭なし、今回それくらいの総費用で済んで驚きました。

 

相鉄でそれくらいでしたので、東急沿線やJR沿線になってしまうと比較になりません、ドリーミングははるか遠くへ行ってしまいます。

 

それではまったく実現ができなくて本当の夢で終わってしまいますので、こちらにやってきました。

 

そしてこちらにやってきても、星野さんが応援してくれたことが大きかったのです。

 

(ウエストバレーの家に来てドリーミングの話をしたのがきっかけでした。)

 

しかし、これはたまたま星野さんの持っている話が大きかっただけで、大きくても小さくてもご協力いただいたお気持ちというのは変わらないと思っています。

 

 

 

 

 

そしてみなさんのおかげで理想的な園の基礎ができました。

 

こんなに良いふかふかの園庭のあるところなんて多分そうそうありません。

 

大感謝をしています><

 

 

 

 

みなさんがここで走り回る子供たちを想って協力してくれたので、肝心の僕が立ち止まるわけにはいかないのです。

 

そして僕も、ここで走り回る子供たちを想って、ここは危なくないだろうか、ネジが出ている部分はないか、石は拾っておこう、と整備してきました。

 

言うなれば僕とみなさんとの想いの詰まった園、というかんじになるのだと思います。

 

本当にありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■にじ

 

僕の目指す最終ゴールは市認可の15人ほどを預かる「小規模保育施設」です。

 

森の中の静かなこの場所、子供たちが僕の育てたリビエラの上で走り回るんですよ。

 

夢のような話、といえばそうなんですが、頑張れば実現できる夢でもあるので突っ走ってきました。

 

そして部屋で大きな声で童謡を歌うんです。

 

にじとか。

 

にじ、いいですよね。

 

うちのKIDSが保育園で歌っていて涙した曲でした。

 

この曲は当園のテーマソング(代表曲)にしたいと思います。

 

 

 

 

 

ここで今日の一曲。

 

今回はつるの剛士が歌う「にじ」です。

 

 

 

 

 

 

 

にじ つるの剛士Ver.

 

※つるの剛士と上地雄輔の区別がつかないのは内緒ですが、これを見てからつるの剛士を共感というには失礼ですが、なんとなく好きになりまして、でもこれからも上地雄輔との区別はつきづらいと思うんです。

 

二人が似てるような気もします。

 

今、この曲をピアノで練習しているので、早いとこ弾けるようになりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■保育士試験

 

今までこの件を個人的に非公開にしていた関係で載せられなかったのですが、保育士試験についてもちょこっとおもしろかったので書きたいと思います。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ここが建設中だった時、仮住まいの一室を勉強部屋としてダンボールに囲まれて勉強していました。

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

講座とか講習は特別受けずにこの教科書と3年分の過去問だけで乗り切りました。

 

あ、あとPDFをプリントアウトする方式の「リベンジセット」というのを心理学だけやりました。(心理学だけは持ち越しとなったので。)

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

指針だけは切り取って寝る前に読んだりして叩き込んでおきました。

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

懐かしいあんちょこが出てきました。

 

パーデンのことはパーデンネンと覚えていました 笑

 

ストレスはコンピテンスでコーピング、愛着ヴォルビックとか、今読み返すと意味不明なワードが並んでいました 笑

 

そして無事心理学をパスし、学科9科目に合格すると実技試験がありました。

 

 

 

 

実技試験は、

 

音楽(前もって指定された曲をピアノかギターの弾き語り)

 

造形(遊んでいる子を書きなさいなど当日にお題が出される)

 

言語(前もって指定されたお話を何も見ずに語る)

 

のうちから二つを選ばなくてはいけなくて、絵心のない僕は当日言われる絵を描くなんて難易度が高すぎたので、ここは音楽と言語の選択になりました。

 

 

 

 

■言語表現

 

うさぎとかめのお話を徹底的に覚えました。

 

お話は自分で組み立てなければなりません。

 

参考書に「うさぎのトーンとカメのトーンも変えると好印象」と書いてあったので繰り返し練習しました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

しかし当日、審査員が3人見守る部屋の真ん中に座った僕は、かなりの緊張状態に。

 

出だしからうっかりキーの高いトーンでカメを、キーの低いトーンでウサギをやってしまいました。

 

二人が競争を始める頃になるとパニック、途中でカメがウサギのセリフをしゃべり、ウサギがカメのセリフをしゃべり、若干めちゃくちゃに。

 

木の下でウサギはのんびり休んでいました。

 

そして起き上がると、

 

「あれ?寝すぎてしまったぞ」

 

ここをカメのトーンで言ったりしてしまいました 笑

 

「おしまい」

 

と言った後は不安で仕方ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

■音楽表現

 

ピアノかアコギで引き語り、ということだったので、得意なアコギを選択しました。

 

アコギは用意されていないので持ち込みということで、安いギターはヤフオクで売ってしまっていた僕は、手元に残っているギター、それは最高級アコースティックギターMARTIN、その中でも低音弦の響きが半端ない別名ドレッドノートと呼ばれるD28を持ち込みました。

 

D28は歴代のそうそうたるアーティスト、ジョンレノン、ボブディランからゆず、桑田佳祐等数え上げたらキリがない、と言いますかプロアーティストだったら一本持っているような逸品です。

 

そのギターを携えて会場に向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

会場となっていた建物はピアノの美しい旋律、そして女性の伸びやかなボーカルが夏の日の空に響いていて、野暮ったい僕は急速に萎縮していきました。

 

 

「僕のミュージック、こんな中で通用するのだろうか。」

 

 

そんな風に考えていました。

 

 

待合室のはじでチューニングをして、D28を抱えて出番を待っていました。

 

待合室の中では全員が緊張していて、空気はどんよりと重たかったです。

 

次々と聞こえる美しい歌声にてんぱっていた僕はいろんなことを考えていました。

 

 

「ヘッドに書いてあるMARTINの文字、高級すぎて印象悪いのではないだろうか。」

 

 

突然そう思い始めた僕はクリップ式のミニチューナーをMARTINの文字の上に、MARTINの文字が見えないように装着しました。

 

 

「歌声は上手いよりも元気に笑顔で、そして子供をひきつけるように。」

 

 

僕は待合室で笑う練習をしていましたが「ハッピーフライトの嵐の着陸を任された田辺誠一」のように引きつっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□課題曲

 

 

 

 

課題曲はこの2曲でした。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

「こいのぼり」と「一年生になったら」。

 

 

 

 

 

名前を呼ばれて審査室に入り着席しました。

 

審査員は左に二人いました。

 

一人が「ではどうぞ」と言って僕の弾き語りが始まりました。

 

イントロは自分で考えていったD-G-A7-Dみたいのがありましたので、まずはDを。

 

ここまで弾く場所がなかったのでここが初めての1音目となりました。

 

「元気よく」を心がけていたので1音目からいつもより強くいきました。

 

そこで弦を変えたばかりのD28の音質と音量を忘れていました。

 

 

 

とても綺麗な音色でしかも思っていたよりもずっと大きな音で部屋中に鳴り響いたのです。

 

D28ってこんなに大きい音が出るのか!

 

と思いました。

 

間違いなく一番驚いたのは僕でした。

 

 

 

 

 

 

そしてそれは良い方向に向かって行きました。

 

綺麗な音と大きな音量につられて「やねよりたかい〜」と僕の音声も想像以上に伸びやかになっていったのです!

 

「おおきいまごいはおとうさん〜」などもがっしりとしたなんとなくそういう表現も盛り込むことができました。

 

今思うと音楽ってこういう部分でも「つられるんだ」と思いました 笑

 

 

 

 

 

アウトロまできっちりやりきって、2曲目の「一年生になったら」です。

 

ノッてきた僕は家で練習していたよりも軽快にミュートを聞かせて「ジャンジャカ・ジャンジャカ」というかんじで◯渕のようにリズミカルにイントロを始めました。

 

こちらの曲はF-Dm7-Gm7-C7とセブンスコードが多用で危なっかしい音(指で押さえきれなくて変な音)は始めからミュートで乗り切りました。

 

Gm7なんて出ているのはじつは2音くらいだったのだけど、まるでカッティングのようにリズムを取り、乗り切りました。

 

 

「ひゃ〜くに〜んで食べたいな」なんて声が裏返ってましたが、そこがまた元気なかんじでいいかな、なんて思って完全に気分的にノッていました。

 

「ぱっくんぱっくんぱっくんと」の部分、ギターは完全にミュートが効いていました 笑

 

 

 

危なく「ぱっくんぱっくんぱっくんと〜YEAH」と言いそうになってしまいました 笑

 

 

 

言語のお話と違って、完全にリラックスしてできていました。

 

アウトロ(後奏)が終わった時、立ち上がって「ありがとうございました」と言ってしまいました 笑

 

さすがにこれはやりすぎの減点かと思って後悔いたしました。

 

しかしかなりのやり切った感があって、手応えと言うのでしょうか(笑)後味よく会場を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□数日後

 

実技試験に合格していれば、保育士試験は合格です。

 

届いたハガキを一気にめくりました。

 

 

 

50点満点で30点以上が合格です。

 

 

iPhoneImage.png

 

言語表現(お話)は33点でした 汗

 

カメとウサギのトーンが入れ替わっていたのが「?」だっと思われます。

 

ハガキを勢いよくめくったので瞬時に点数の計算が追いつかなくてあせりました。

 

予想以上にかなりのギリギリでした。

 

 

 

音楽表現(弾き語り)は45点でした!

 

拍手!笑

 

MARTIN D28の大音量に引っ張られて僕も大きな声で元気に歌えたのが良かったようです。

 

起業まであまり時間もありませんでしたので、本当に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

■また数日後

 

関連機関に登録をして、保育士証が送られてきました。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

僕の場合、ドリーミングの起業にダイレクトに関わってくる資格でしたので嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

笑うところか笑わないところか微妙ですが・・、

 

森田健作の本名ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : LIFE IS GOING!


2018.02.23 Friday

 

 

 

 

■大雪の日の写真

 

 

昨日はいつもどおりに一日中事務作業をしていたのですが、夕方あの方から電話が入ってかなり興奮しました。

 

あの方とは、僕の大好きな、そう、東急の星野さんです!!

 

「どうすか?」みたいなかんじで(笑)めちゃくちゃ嬉しかったんです!!

 

マイドリーミングをずっと応援してくれてる星野さん、そのドリーミングが特殊なため、とっても良い話をくれました 泣

 

 

 

 

古くなった展示場が一軒クローズになるので、その中の同じ系の特殊ルームで使っていた調度品、いかがでしょう?という内容だったんです 泣

 

トラックで持ってきてくれるというんです 泣

 

 

あまりの嬉しさに僕は平沼橋の思い出から「この図面の中で洗濯機小ちゃいですよね?」や住宅展示場では希少な類の「原付横付け」や(笑)大量の参考書のこと、現地で二人で見たドリーミングな話なんかをして、

 

感極まって、

 

 

「良い思い出をありがとうございました!」

 

 

と言ってしまいましたね。

 

 

まるで卒業の時の告白のように 笑

 

 

 

 

 

そしたら、

 

 

「こちらこそ楽しかったですよ、良い思い出になりました。」

 

 

と言ってくれまして、また顧客の思い出を大切にするメーテル風なかんじにぐっときましたね。

 

 

「この前の大雪の時も、あの家はきっと真っ白な風景に溶け込んでいるんだろうな、と思ってましたよ。」

 

 

と言ってくれまして、

 

「雪の止んだ日の出の時間は森の間からの光がキラキラで、それがラップサイディングに写ってとても綺麗でした 泣」

 

とお返事しました。

 

 

「あの朝、あまりに綺麗だったんで写真を撮ったんですよ、まだその写真フォルダー開けて見てないので、今から開けてメールで送ります!」

 

 

と言って電話を切ったあと、若干放置してあった「雪の日フォルダー」を開いて、久しぶりにPhotoshopなんぞを開きまして、おちょいちょいと編集などをして、添付して送りました。

 

 

 

このブログトップの夜明けの森の写真と、もう一枚送りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「幅員減少」と書かれた看板のあるここから見えてくる場面、ここが結構評判が良いのです。

 

 

星野さん(仮)は、引き渡しで来てもらった時、輸入住宅メーカーであるにもかかわらず、

 

 

「外国かと思いました!」

 

 

と、うっかり言っちゃっていました。

 

 

いつも落ち着いている星野さんが興奮していたのでちょっと驚きました。

 

 

そこから撮ったスノーな写真です。

 

 

 

 

 

IMG_0890-1230.jpg

 

 

多分、周りがあまり見えないのと森からの抜け感がいいんですね。

 

 

しかしこの日の早朝、夜明けとともに起きた甲斐がありました。(早朝撮影はモンサンミシェルでおばちゃんに囲まれて以来 笑)

 

 

屋根に積もった雪のもっこり具合を見て、きっと星野さんも喜んでくれたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■突然ですがここで今日の一曲

 

 

ユニコーンの評判が良かったので(笑)今日も最近深夜帯にコソコソっと聞いているミュージックを 笑

 

 

インフルエンザでぶっ倒れている時にラブジェネレーションとロングバケーションをひたすら見ていたのですが、ラブジェネレーションといえば「幸せな結末」、で良いミュージックを見つけてしまいました◎

 

 

 

理子が歌う「幸せな結末」です。

 

 

 

 

これ、完全にラブジェネレーションですよね。

 

 

壮一郎さんの、気持ちをストレートに伝えられないもどかしさが思い出されます 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■窓が着いた頃

 

 

上げ下げ窓ってキュートなんですが、映画なんかで見てると動きが悪くて「真ん中あたりをグーで叩いたりして、それから持ち上げる。」というイメージがなんとなく染み付いていたので、おもて面のカッコ重視部分だけは上げ下げ窓を残して、あとの左右、後ろは機能性を重視して全部ぱかっと両開きする窓にしてしまいました。

 

 

でもけっこうスムーズに動くので全部上げ下げ窓で良かったかもしれません。

 

 

今のうちだけかもしれませんが 笑

 

 

設計の段階で東急ホームズの実際に住まわれているお宅を20軒くらい見ましたが(笑)、志の高いお宅はたいてい全部上げ下げ窓ですね。

 

 

たまにオール上げ下げ窓の家を見ると志の高さを感じてしまうようになりました 笑

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

記念にアンダーセンのラベルもらっておけば良かった!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ミルクリークの宣伝が!

 

 

ラブジェネレーションのガラスのりんご(?)も良かったですけど、僕にとってはこちらの広告のが良い印象ですね!

 

 

デカ広告もらえば良かった!(もらってどうするかはピンと来ませんが 笑)

 

 

 

 

 

 

 

コンセント位置や照明などの位置を決める時、玄関にはカバーがかかっていました。

 

(ここだけの話このドアサービス品でした)

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

このカバー、もらえば良かった!

 

(これももらってからどうするかは謎ですが 笑)

 

でもロゴとか付いていると欲しくなるじゃないですか!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんのペケ机(だっけな?なんかそういう名前)

 

いざ自分で作業用の机なんかも作りましたが、けっこうユラユラなんですね。

 

大工さんはちゃちゃっとこういうがっちりした机が作れるんですよね。

 

リスペクツですね!

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

この机を見た時に思い出したのは、あの映画でした、第二次大戦の戦時下、暴走するヒトラー暗殺のためにドイツ将校(トムクルーズ)が会議室に爆弾を持ち込むあの映画。

 

 

この机で例えると、爆弾の入ったカバンをヒトラーの立っていたペケの板の裏側に置いたんですが、ちょっと邪魔な位置だったので誰かがペケ板の手前にカバンを移動させてしまったんですよ!

 

なので予定通り爆発はしたんですが、ヒトラーは軽傷だった、という実話です。

 

あれが成功していれば時代は変わっていた、というわけです。

 

 

あの映画、スリリングで面白いのですが、肝心なタイトルを忘れました 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

なんなら鉄製の「ミルクリーク板」も、もらえば良かった 笑

 

東急ホームズの電話番号「109」なんですね。

 

 

 

もう、なんでも好きだ 爆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場(自作)

 

 

iPhoneImage.png

 

駐車場側も愛しのリビエラが育ってきました。

 

大工さんはここの作業を見て、

 

「芝生の上にクルマでガッと入っちゃうかんじすね!かっこいっす!」

 

と言ってくれました。

 

そのあと僕のおごりでアイスを一緒に食べました。

 

盛土部分はリビエラの種からだと雨でアウト(流出)なので、高麗芝でコーティングしました。

 

(もうこの頃には芝生でコーティングするテクを身につけていた 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

スイッチはうちのKIDSが組み立てました!

 

 

拍手!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ちょっとオモロイ

 

 

 

ニュースで言っていました。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

プーさんのハニューハント♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■キャラクター

 

 

原付(樹里央)のナンバーをご当地にしたんですよ。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

そしたらなんか「ご当地キャラクター大好き野郎」みたいになってしまいました。

 

 

これでは「君、ご当地B級グルメも好きなんでしょう?」

 

 

みたいなかんじです。

 

 

やっぱりキャラクターは一個までですね。

 

 

それに限ります 笑

 

 

 

 

 

 

ではまた 笑

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 東急ホームズ


2018.02.13 Tuesday

 

お久しぶりでございます!!

 

ようやく一日中のハードワークから解放されたと思ったらインフルエンザでぶっ倒れて森進一で更新が止まっておりました!

 

 

 

最近はハードワークを予定通り土日オンリーとして平日は行政機関とのやりとりにほぼ時間を奪われております。

 

しかしここは踏ん張りどころ!

 

マイドリーミングに向けて疾走しております!

 

 

 

あ・・、長いこと非公開とさせていただいてましたドリーミングの内容については近日アップしたいと思います^^

 

いろんなひとがマイドリーミングを応援してくれて今に至っているんです。

 

東急の星野さん(久々の登場)、うちのご親族や赤十字のひとや大工さん、建築資材の業者さん、ほか。

 

協力してくれた皆さんのためにも突き進んでいかなければなりません。

 

今、僕が止まってしまったらみなさんの期待に応えられません。

 

はってでも前に進まなければ、というかんじで頑張っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きに入ります 笑

 

 

うちの子、二人はけっこう対照的なんですよね。

 

 

見ていて飽きません 笑

 

こちらの子は泣き虫。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

下の唇が長介さん風になってくるともうダメですね。

 

まあ、でも優しい子です。

 

トーマスが好きですね。

 

トーマスをいつも見たいんですが、下の子に譲ります。

 

 

 

こちらがその下の子です。

 

 

iPhoneImage.png

 

対照的に強い。

 

TVの主導権はまず譲らないですね。

 

 

強く言うと泣きながら反抗してきます。

 

 

主張が強い 笑

 

 

でもそのあと「ママだっこ」と言って走り去ります。

 

 

まだまだおちびちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

対照的な二人ですが普段は仲良しです。

 

 

しかしこのときも、TVの主導権はもちろん下の子です。(リモコンに注目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ここで今日の音楽

 

 

森進一で評判が良かったので、今回も一曲 笑

 

最近深夜帯にこっそり見ている動画を紹介します 笑

 

 

僕が高校1年の頃、好きだったのはユニコーンだったんです。

 

「PATIPATI」世代、です 笑

 

山下公園の向かいにある神奈川県民ホールに見に行きました。

 

友達と二人で。

 

懐かしい。

 

ということは、僕は「生民生」を見たことがあるわけです 笑

 

 

 

で、当時一番盛り上がる曲といえば、この曲でした。

 

 

 

 

 

「おかしな二人」

 

 

 

 

ためにためて、なかなかサビが来ないところがまた盛り上がるんですね。

 

 

A-B-A-B-C-A-ソロ-B-サビ みたいな 笑

 

 

「思いがけない5月の通り雨。」

 

 

ってね。

 

 

いいですよね!

 

 

そしてユニコーン特有のとても伸びやかで美しいメロディーのサビに入るわけです。

 

 

 

「たとえ勝てはしないゲーム、でもどうにかなるの。」

 

 

ってね。

 

 

ふと思いましたが、そんな気持ちで今はチャレンジしたいですね。

 

 

 

久しぶりに見たらどっちがABE-BでどっちがEBIちゃんかわからなかったです 笑

 

 

ベースのひとはいつでもカッコよくて、KEYのひとはいつでもテンションが高いことだけはわかっています 笑

 

 

そしてGtのテッシーはちょっと前に登場した「神様」に似ています、ジーニョ系と言いますか・・。

 

 

 

 

当時は民生のマネをして、薄いブルーまで色落ちしたジーンズをよくはいていました。

 

 

そんな時代でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ハーフパイプ予選

 

 

平野くん、応援したくなりますよね。

 

 

今回のオリンピック、始まって以来見逃せないと思ってTVに釘付けになったのは今回が初でした。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

見ていて一つ気になったのは滑る前、周りのコーチたちが

 

 

「フゥ〜!」

 

 

って言うの、気になりましたよね 笑

 

 

スノーボードって基本的にスケートボード、サーフィンの流れをくむ部分がけっこうあって、この発声はけっこうサーフィンからの流れなんですね。

 

 

 

僕は若かりし頃、神奈川という土地柄サーフィンに夢中だったのですが、ちょっと波が大きくなってローカリズムが出てくるときですね、波待ちしていてうねりが見えて、「これはいい波だぞ」という場面。

 

 

するとそのいい波に乗ったひとに向けて波待ちしているローカルが発するんです。

 

 

 

「フゥ〜!」

 

 

ってね 笑

 

 

 

「いい波ゲットしたな」

 

 

とか

 

 

「かましてやれよ」

 

 

とか、そういうかんじですよね。

 

 

今回はなんか思いっきり「フゥ〜!」って言っていて笑ってしまいましたが、そういう空気を感じました。

 

 

 

言いすぎてるとちょっとアレね 笑

 

 

 

前置きは以上です 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■真夏にぶっ倒れた日

 

 

昨年の夏、まだ芝生(リビエラ)を植えていないところをスコップで造成していたら、日差しにやられてぶっ倒れてしまったんですよ。

 

見回したら建設中の家の玄関に涼しげな、よい日陰があったんです。

 

 

 

2Fで作業していた大工さんに、下から「ちょっと休ませてくださ〜い」と言って玄関部分で大の字でいびきをかくくらいの勢いと言えば良いでしょうか(笑)、倒れ込んでしまったのです。

 

 

2Fで作業してる大工さんは、この時点でちょっと仲良しになっていて(笑)、お昼休みとかに「いや〜これ全部って!まじすか?」とか「芝生全部生えてきましたね!感動すよ!」とか、言ってくれていたんですね。

 

 

僕の方も「どうやったらこんな直角出せるんですか!」とか、お互い言っていたんです 笑

 

 

網越しに 笑

 

 

今思えば、大工さんだから曲がっているはず無いんですけどね 笑

 

 

で、倒れこむように玄関に入って大の字になったのですが、その大工さんは熱中症対策グッズをたくさんくれました。

 

 

首ヒンヤリシートとか経口補水液、塩キャンディー、など。

 

 

助かりました。

 

 

プロはその辺りのグッズもちゃんと持っているんですね。

 

 

こんな場面でも「プロ意識」を確認しました。

 

 

 

 

1時間くらい寝ていて、復活してから「ちょっと中見せてくださ〜い」と言ってついでに見せてもらいました。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

起き上がって、振り返って一枚 笑

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ミルクリーク板!!

 

 

東急ホームズファンとしては、記念に一枚欲しかった 笑

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

2Fの床の下の板が相当重いらしくて、運んでいるとき「これ重すぎてパンチ効いてるんすよ!」と言っていました。

 

 

ありがとうございました><

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

これくらいのを二人で1ヶ月くらいだったかな、作り上げるなんてすごいですよね!!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

2x4材って束にして使うんだ・・と思いました。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ここの窓が一番の景色なんです。

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ネットの中から初めて外を見た 笑

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

吹き抜けって大きいと開放感があっていいですよね。

 

 

このサイズを見てください!

 

 

階段の部分しか開いていないミニマムサイズ! 笑

 

 

実用重視で 笑

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

箱入りアンダーセン!

 

 

記念にダンボールもらっておけばよかった。

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

階段の取り付けは最後の方で、階段専門の大工さんがやっていました。

 

 

それまではこの階段がついていました。

 

 

 

 

 

 

■数日後

 

 

 

誰もいなかったので再度ちょっと見学を・・。

 

 

 

 

20170723_1354857.jpg

 

 

 

 

 

20170723_1354858.jpg

 

 

 

 

 

20170723_1354859.jpg

 

 

 

 

 

20170723_1354860.jpg

 

 

 

 

 

20170723_1354861.jpg

 

 

 

 

 

20170723_1354863.jpg

 

 

近所の人から「おや、田舎の子になってきたね〜」と言われました。

 

 

良い夏の日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ロングバケーションとラブジェネレーション

 

 

暇そうに見えて暇じゃない僕は(笑)、インフルエンザでぶっ倒れていたとき(良くぶっ倒れてます 笑)、前から見たかったロンバケとラブジェネをここぞとばかりに見まくりました!

 

 

 

全部で22話?を2周り見ました 笑

 

 

 

まあそれでも44時間しかかかりませんので 笑

 

 

ようやくどっちがどっちかはっきりとわかりました。

 

 

 

ラブジェネレーションはクリエイティブから営業に配属された哲平の髪を理子がいきなり切っちゃうところとか面白かったですけど、付き合い始めてからは全体的に暗くて、さらに検事のお兄さんとバスケットボール部のマネージャーのくだりがとにかく暗く、しかも割合がけっこう多い 笑

 

 

なのでちょっと面倒くさくてロングバケーションの方が明るくて自分好みでした。

 

 

 

 

セナが 笑

 

 

 

真面目な役のキムタクが面白いですね。

 

 

 

そしてこの人。

 

 

iPhoneImage.png

 

タイムリーに現代のワイドショーに出ていてびっくりしました 笑

 

 

キョンキョンて!!

 

 

 

と思いましたよ!

 

 

 

どうして!

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

そこはみなみちゃんだろう、と。

 

 

 

個人的には憤慨しました 笑

 

 

 

しかしロングバケーションも後半テンションが落ちていきますね。

 

 

 

やっぱりあの・・あれですね、男女の?になってしまうとダメですね 笑

 

 

 

それまでの「え?瀬名のこと好きなの?」

 

 

 

くらいのかんじが胸キュンで楽しいですね!

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

この頃。

 

 

 

若い頃に見たこのかんじが心に残っていて、僕はずっと見たかったんです 笑

 

 

 

 

 

「神様がくれた長い休暇。」

 

 

 

 

 

自分を重ねちゃったな〜!

 

 

 

 

「フゥ〜!」

 

 

 

 

ではまた 笑

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 東急ホームズ


2018.01.29 Monday

 

 

 

 

突然ですが一週間、インフルエンザでぶっ倒れてました・・。

 

 

 

先週は、そう、あの大雪の降った月曜日。

 

 

 

あの時はなんともなかった、いや、インフルエンザは、きっと潜伏していた。

 

 

 

こちらに来て初めての積雪ではしゃいでいた。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

あ、でもこの時も少し熱っぽかったので僕は部屋から出なかったんだ 笑

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

一緒に雪だるまつくろう、したかったな 笑

 

 

 

大雪の前日くらいに最後の大物工作物、ウッドデッキとフェンス一周(とんでもない長さのやつだった 笑)を終えて、ようやく!朝から晩までの作業はおさらばだ!これからは土日の2時間くらいだけでさ、今までとは比べ物にならないイージーな作業量になるはずなんだ!

 

 

 

と思っていた矢先、インフルエンザにかかりました。

 

 

 

やはり緊張の糸がゆるんだのでしょうね。

 

 

 

やつはそんな僕を見逃さなかったですね 笑

 

 

 

 

 

インフルエンザは突然やってきて、そして昨日突然去っていった 笑

 

 

 

 

 

 

鼻水、咳、喉の痛みなどはほとんどなくて強い悪寒、強い倦怠感、関節痛、そして高熱。

 

 

 

間違いなくインフルエンザでした。

 

 

 

 

-----------------インフルエンザ最初の頃-----------------

 

 

 

 

荷物を開けてそのまま放置されていた地球儀なんかを意味もなく10時間見たりしていましたね 笑

 

 

 

そして気付いてしまいました。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

日本て割とでかいんだなあ、と 笑

 

 

 

チャイナとロシアの大陸系と比較しても東京-新潟間の太さ?

 

 

 

割とあるんだなあ、と 笑

 

 

 

 

メルカトル(?)じゃないと面白いな!とおもいましたね!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

薄い意識で交通情報見て、これはひどいな、と思ってましたね。

 

 

 

 

 

 

 

----------------インフルエンザ後半-------------------

 

 

 

 

 

自分のブログを読み返したら(笑)無性に「冬のリビエラ」が聴きたくなって30回くらい見てしまいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

最 高 。

 

 

 

作曲 大瀧詠一

 

 

 

カスタネット、本当に最高。

 

 

 

 

 

 

 

そしたらやっぱり「襟裳岬」も。

 

 

 

 

こちらはなんと作曲吉田拓郎で!

 

 

 

聞いているうちに「間違いないテイスト」を感じましたね 笑

 

 

 

いやー!

 

 

 

どちらも本当に素晴らしい名曲ですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ上野駅の地上ホームからは数分おきに北行きの急行、特急が出ていた頃の歌ですよね。

 

 

 

そんなのがこの曲に合わせて脳裏をよぎると、また、たまらなく似合う、風情のある時代の、風情のある曲でした。

 

 

 

そんな時代のおおみそか、家族で見ていたダイヤル式のブラウン管のテレビからこういう曲が流れてたわけなんですね。

 

 

 

石油ストーブの匂いとか記憶にかすかに残る食卓の上のペンダントライトとかね、ドリフの特番で爆笑したりね、でまたガチャガチャと変えたらこの曲とかね、四角い模様の床とか、贅沢ではないけどなんか暖かい、良い時代でした><

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思い出しながらインフルエンザと戦っていたのですが、いや、高熱があるからなんとなくディープな深層にある思い出がぽろっと出てきたりしたのかもしれません、良いひとときでした 笑

 

 

 

全身の強い倦怠感と筋肉痛で寝返りもままならなかったのですが後半はようやそんなことも出来て、寝返りって久しぶりにするとお腹のガスが移動するんでしょうね、軽くオナラが出ますよね。

 

 

 

この時もようやく寝返りをして、軽くオナラをしたんですよね。

 

 

 

そしたら意味深く(笑)僕の頭上に置かれていた空気清浄機が、それまで静音運転だったんですが、おならに反応して赤いランプが点灯、フイイイ〜ンと「強」運転に自動で切り替わりましたね。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

若干切なかったです 笑

 

 

 

飽きた地球儀も転がってますよ 爆

 

 

 

そして、昨日、起きたら何もなかったかのように良くなってました。

 

 

 

「えっ」と思いましたよね 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------リビエラ-------------------

 

 

前回モコりはじめたのが7月のことで、今回は8月に入ってからの「リビエラ」の様子を見ていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

20170723_1354864.jpg

 

 

スーパーモコってきました!!

 

 

 

拍手!笑

 

 

 

8月のリビエラの繁殖力はものすごかったです!

 

 

 

 

 

20170729_1361385.jpg

 

 

 

 

 

もう、草原 笑

 

 

 

 

 

20170805_1369868.jpg

 

刈っても刈っても追いつかなくなりました 笑

 

 

 

 

 

 

20170805_1369869.jpg

 

 

この頃、近所のおばさんが「喜ぶかしら?」と言っておばさんの自宅に飛んできたカブトムシをくれました。

 

 

 

 

子供達はめっちゃくちゃ喜んでましたね。

 

 

 

嬉しいプレゼントでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

これが昨年8月のリビエラでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------おまけ------------------

 

 

せっかく「冬のリビエラ」がめちゃくちゃ良くて高熱で良い記憶も蘇ったのですが、僕は「ガキ使」世代でもあるので、山崎邦正の「浜省」レベルに(爆)なのを見つけてしまいました 笑

 

 

 

 

遠藤章造の「森進一」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、心の糸が緩んだお話、他でした 笑

 

 

 

あ、あとロンバケとラブジェネも、「そう言えば!」と思ってたくさん見ました 笑

 

 

 

 

 

面白かった〜!!爆

 

 

 

1話からスーパーボール出てくるか〜〜!

 

 

 

 

というかんじで 笑

 

 

 

ではまた 笑

 

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


2018.01.20 Saturday

 

 

子供が初めて字を書いた時って嬉しいものですね。

 

 

 

何も見ずに自分の名前が書けました!

 

 

 

拍手!

 

 

 

iPhoneImage.png

 

ドラえもんの目線もいただきました 笑

 

 

 

名前と一緒に書いてあるのはこの回のドラえもん「台風のふうこちゃん」ですね。

 

 

 

部屋で台風の子を育てるという壮大なスケールのお話でした。

 

 

 

この話のエンディングは関東に強力台風が接近、みんなを守るためにふうこちゃんは窓から飛び出して台風に立ち向かい、自らは消滅、でも空は晴れていく、というドラえもんでたまにある良いお話でした。

 

 

 

翌日また自分の名前を書いてました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

さっそく間違ってるじゃないですか!笑

 

 

 

まあいい、まあいい。

 

 

 

自分で名前を書こうとした意欲はとても大きな一歩でございました。

 

 

 

以上が前置きでした 笑

 

 

 

 

 

 

 

破壊的な10tダンプからの続きです。

 

 

 

大きな砂場ができて喜んでいる風景です 笑

 

 

 

 

20170630_1329531.jpg

20170630_1329532.jpg

20170630_1329533.jpg

20170630_1329534.jpg

 

 

 

 

君は自由だな!

 

 

 

梅雨明け間近のこの時期は「緑化」するのに急いでいました。

 

 

 

なぜかというと芝も植樹も梅雨明け後の真夏に入ってしまうと、気温や日差しなどが過酷な条件となって植え付けには適さない時期となってしまうのです。

 

 

 

夏が終わってからの植え付けだと「秋植え」ということになって芝生の場合、こんどは冬眠期が近くなってしまい十分な育成期間が取れません。

 

 

 

なので梅雨明け前になんとかして整地を終わらせて芝生の種まき、それと植樹を終わらせようと必死になっていました。

 

 

 

 

 

20170723_1354849.jpg

 

整地の合間に植木の買い付けへ。

 

 

 

積めるだけ積んでけ 笑

 

 

 

 

 

20170723_1354850.jpg

 

そのまま幼稚園のお迎えに 笑

 

 

 

家の方は基礎工事が終わって大工さんが来るようになりました。

 

 

 

大工さんの仕事は早い!

 

 

 

隣で整地をしている間にどんどんと組み立てていきます。

 

 

 

隣で作業していて良かったのは家が出来ていく様子を逐一見られたことです。

 

 

 

大工さんは二人で作業していました。

 

 

 

二人で組み上がるんだと思って驚きました。

 

 

 

四方の壁を起こすのは、二人でどうやるんだろう・・と思っていたらジャッキアップしてあっさりと組み立てていきました。

 

 

 

素人目には「神業」でした。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

その頃、こちらは自主制作した巨大とんぼで整地も終わり、一面に芝生の種を蒔きました。(線は種まき後の水やりで歩く線。)

 

 

 

芝生を種からにすると、下地の調整や雨、風に注意しなければいけないことや、生えるまで時間がかかることなど育成が大変なのですが、やはりここでも広さがある関係でマット状の切売りではとんでもない金額になってしまうことがわかり、リスクはありましたが種から育てることになりました。

 

 

 

高麗芝と同じように冬枯れする西洋芝、「バミューダグラス」という種類で、その中でも葉がやわらかくて緑の鮮やかな「リビエラ」という芝にしました。

 

 

 

名前がいいですよね、「リビエラ」

 

 

 

「男ってやつは・・」ですね。

 

 

 

「港を出て行く船のようだね・・」

 

 

 

良い曲だと思って今ちょっと調べたら作詞松本隆、作曲大瀧詠一ということでした。

 

 

 

「幸せな結末」の大瀧詠一でしたか!!

 

 

 

「幸せな結末」と言えば「ラブジェネレーション」じゃないですか!!

 

 

 

ラブジェネレーションて「うさぎぴょん尻尾ぴょん」のほうでしたっけ?

 

 

 

「ロンバケ」といつもわからなくなりますね 笑

 

 

 

この話になるとキリがないのでこの辺で 笑

 

 

 

1kg10,000円のリビエラの種を10袋買いましてけっこうお高くつきましたが、それでも切売りの1/3くらいにはコストカットできたと思います。

 

 

 

 

種を蒔き終わったこの時点で、本当に一面緑の芝生になるのか若干疑問でしたし不安でした。

 

 

 

なんとか梅雨明け前に発芽してほしいというかんじで今度は毎日水やりに通いました。

 

 

 

リビエラの種はちょっとの風で飛んで行ってしまいそうな小麦粉のような?サラサラとした粉なのような種で、水やりの水圧でも飛んでしまいそうなのでかなり気を使いました。

 

 

 

しかしながら次から次へとやることが出来ていきます 笑

 

 

 

そうこうしてるうちに家の方は2Fまで立ち上がってきました。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

徐々にかたちが・・。

 

 

 

かたちが出来てくるとすぐにネットに囲われてしまいました。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

この後、完工直前までこのネットに覆われてしまったので進捗状況が良く見えなくなりました 笑

 

 

 

 

しかしネットが外れた時には逆に感激でした。

 

 

 

 

気になるリビエラの方ですが種まきから2週間くらい、毎日水やりをしていましたがなかなか芽が出ずにYahooで「芝生 芽が出ない」などを検索するようになっていました。

 

 

 

「このまま出ない可能性もあり」「乾燥により」「発芽率低下」「目土の覆いすぎ又は少なすぎ」みたいな記事を読んだりして悲しくなりつつありました。

 

 

 

3週間くらいしたある日、また落ち込みながら水やりに向かうとそこで目にした風景は・・。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

コケのようなのが生えているではありませんか!!

 

 

 

ブワッとコケのようなものが!!笑

 

 

 

 

鮮やかな緑色でリビエラが発芽しました!!

 

 

 

 

拍手!!

 

 

 

 

 

20170723_1354852.jpg

 

ちゃんと種を蒔いた日付順に左から芽が出て!!

 

 

 

嬉しかったです><

 

 

 

土の色が白だったり茶だったり黒だったりするのは芽が出ない間に「黒土」が良いと聞けば「黒土」を、肥料入りの目土が良いと聞けば「目土」を、と試行錯誤していたからです。

 

 

 

 

 

ついに!!

 

 

 

リビエラ、ありがとう!!笑

 

 

 

 

20170723_1354851.jpg

 

愛しのリビエラがちょっとずつモコってきました 笑

 

 

 

昨年7月初めの出来事でした。

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

web拍手 by FC2

Category : 開拓


▲Page top

1/269Pages